40代のスキンケア

毛穴を引き締めて年齢を感じさせない肌を作る簡単な方法

2017/07/30

126167707

毛穴が開いていると肌もぶつぶつして見えますし、その開いた毛穴に皮脂が詰まると黒ずんで見えることもあり、きめ細かい陶器のような肌とはほど遠くなってしまいます。

いわゆるオレンジ肌ですね。頬や小鼻の毛穴は特に目立ちます。

40代以降は特に毛穴の引き締めは大事!毛穴が開きっぱなしだとシワの原因にもなってしまいますからね。

私は今これが一番気になります。細かい、開いた毛穴がつながって、笑うとしわに見えるんですよ。これを何とかしたい!

毛穴が開いてしまう原因とその対処法をお伝えするので、きめ細かい陶器のような肌を目指していきましょう。

<スポンサードリンク>



毛穴の役割

なんで毛穴なんてあるのよ、と思いますけど、無駄に見える毛穴も、一応役割があります。それは、

  • 皮脂を出して肌を外敵刺激から守る
  • 汗と皮脂で皮脂膜を作り潤いを保つ
  • 老廃物を出す
  • 肌のphバランスを保つ

などの働きがあるからなのです。毛穴自体はとても大切なもの。しかし、これが開いてしまっては、見た目にもよくないですよね。

しっかり働いてもらいながら、きゅっと引き締まっていて欲しいものです。

毛穴が開く原因は?

どうして毛穴が開いてしまうのか、その原因は過剰な皮脂とたるみです。

乾燥による皮脂の過剰分泌

皮脂がどんどん分泌されている状態だと、肌表面の汚れ、古い角質などと混ざって毛穴が詰まり、酸化してしまいます。

するとさらに毛穴が開くという悪循環。だからまずは皮脂を抑えるのが大切なんです。

なぜそんなに皮脂が出てしまうのか。思春期の頃ならいざ知らず、年齢とともに肌は乾燥していますよね。

そうです、その乾燥がいけないんです。肌が乾燥するとそれを潤すために皮脂がどんどん出てきてしまうのです。

皮脂が出てくると「オイリー肌」だと勘違いしてスキンケアをあまりしなくなる方がいらっしゃいますが、それは逆効果です。

皮脂が出る原因は乾燥ですから、まず乾燥を抑えないと皮脂は抑えられないのです。

ニキビが原因の毛穴の開き

皮脂の過剰分泌を放っておくと、周りにある古い角質と混ざって角栓を作ります。毛穴に詰まっている脂肪の塊のようなものです。

角栓の段階ならまだこれを取ってしまえば大丈夫なのですが、角栓が酸化すると黒ニキビになります。

そしてそれが炎症を起こしてしまうと、赤ニキビ、黄ニキビと変化していくんですね。

ニキビができてしまうことで毛穴がどんどん開き、さらに間違ったケアでニキビ跡が消えずにそのまま開いた状態になってしまうこともあります。

ニキビケアはとにかく保湿!水分補給がとても大切です。

加齢による肌のたるみ

40代以降はどんどんコラーゲンが減少していきますが、それによって肌表面のハリも失われてきます。

毛穴が開いてたるんでくると涙型に毛穴が広がり、毛穴同士がつながって小じわの元にもなってしまいます。

40代は、これが一番なんとかしたいかも・・・。やっぱりたるみが一番気になります。

まずはとにかく保湿!

毛穴を引き締める前段階として、絶対に大事なのが保湿です。水分不足の肌では何をしてもダメだと思ってください。

乾燥はあらゆる肌トラブルの元になりますから、しっかり保湿していきましょう。

保湿の基本ですけれど、洗顔後、時間をおかずにスキンケアすることです。これだけでもずいぶん肌の状態が変わってくるはずです。

たとえばお風呂から出た後、ゆっくり着替えて、髪を拭いて、などあれこれ違うことをしていないでしょうか。

そうこうしているうちに肌はどんどん乾燥していきます。お風呂から出たら5分以内にスキンケアすること。

そうするだけでも肌を乾燥から守ることが出来ます。

毛穴を引き締める簡単な方法

そして、すぐに出来て即効性のある方法といえば、収れん化粧水を使うことです。その名の通り、肌を引き締めるための化粧水です。

収れん化粧水は水分補給のための化粧水ではないので、洗顔後すぐには使いません。

まずは保湿用の化粧水を使ってたっぷり水分補給をした後に、乳液かクリームで肌を整え、そのあとに使います。

手で抑えるのではなく、コットンにつけて優しくパッティングします。強くぱんぱんしてしまうと肌に刺激を与えてしまうので、コットンにたっぷりと収れん化粧水を含ませて優しくパッティングしましょう。

収れん化粧水が向いている肌は?

ただし、収れん化粧水には毛穴を引き締めるためにアルコールなどが入っている場合が多く、さっぱりはするのですが、敏感肌の方には少し刺激があるかもしれませんね。

脂性肌の人や混合肌の方には向いていると思います。混合肌の人は、Tゾーンなどべたつくところだけに使ってみてください。

いつものスキンケアにワンステッププラスすることで、毛穴を引き締めてメイクも崩れにくくなるでしょう。

面倒な場合は朝のメイク前だけでもやってみて下さい。きれいになるには手間がかかるんです。

おすすめのアロマもご紹介

ローズマリー

アロマコンサルタントとしては、ここでおすすめのアロマもご紹介しておきたいと思います。(私のプロフィールについてはこちら

穏やかな作用で肌を引き締めてくれるのはローズマリー。スッキリとしたクリアな香りで気分もリフレッシュできるアロマです。

その昔、ハンガリーの王妃がローズマリーを肌に使うことで見事に若返り、70歳を超えてから隣国の王子にプロポーズされたという逸話のあるハーブです。

ローズマリーの化粧水

アロマを使えば自分で化粧水を作ることも出来るんです。

<材料>

  • グリセリン 5ml
  • ローズマリー精油 10滴
  • ゼラニウム精油 10滴
  • 精製水 95ml

<作り方>

  1. ボトルにグリセリンを入れます。
  2. その次に精油を入れてよく混ぜます。
  3. 最後に精製水を入れてさらによく混ぜます。これで出来上がり。

ローズマリーには肌を引き締める作用があるので、収れん化粧水ではちょっと刺激が強いと感じる人や、保湿化粧水と収れん化粧水を両方使うのが面倒な方におすすめです。

ローズマリーウォーター

自分で作るのが面倒な方には、ローズマリーウォーターというものがあります。これはアロマオイル作る時に出来る副産物で、アロマオイルの成分が少し溶け込んだお水のこと。

化粧水のように顔に使うのはもちろん、髪にも身体にも使える便利なものです。

アロマオイルはものによってはとても高価なんですが、これはだいたい200mlくらいで2千円前後ととてもリーズナブル。

惜しげもなく全身に使えますよ。

<スポンサードリンク>



-40代のスキンケア
-,