40代のスキンケア

健康な肌ならスキンケアにはプチプラ3姉妹で十分だと思う。

2017/03/12

ハトムギ化粧水

私は、スキンケアというのは基本的にお金をかけなくてもいいものだと思っています。きれいな肌を作るために、何万円もする美容液とかクリームなんて使わなくても、きれいな肌を作ることは可能です。

どうしてそう思うのか、それは私自身が若い頃さんざんスキンケアにお金をかけたけれど、全然肌がきれいにならなかったからです。

ひどい乾燥と吹き出物、美容部員さんに勧められる高価な美容液を使っても、ちっとも治らなかった。

でも今は?20代の頃よりも、40代の今の方が肌はずっときれいですもちろん、年齢なりのしわだとか、くすみだとか、そういったトラブルはそれなりにありますよ。

だけど、ファンデーションが粉を吹くような乾燥はなくなったし、吹き出物も小鼻の黒ずみもありません。

それはなぜか?

スキンケアをシンプルにしたことと、生活習慣を見直したからだと思います。




水分補給→油分で蓋が基本

スキンケアの基本は角質層に水分をしっかり補給することと、それを逃がさないように蓋をすること。この手順が守られていれば、それだけでも肌の状態は改善されていきます。

大事なのはタイミングなんですよ。

たとえば、どんなに高級な化粧水を使っても、お風呂から出て10分も20分も放置して、それから化粧水を塗ったってもう遅い!

全然浸透なんて、しなくなっちゃいます。

これが出た直後、いや、なんなら浴室の中で保湿する、そのくらいのことをしておけば、全然違ってきますよ。放置しちゃダメなんです。

とにかくスキンケアはスピードが命です。肌がまだ湿っているうちにやってください。

化粧水は肌の状態に合わせて変える

化粧水の種類は肌の状態によって変える必要があります。たとえば、夏と冬、汗や皮脂の量が全く違いますよね。健康な人の肌だって、水分量や油分の量は季節によって違うはずです。

いつもより乾燥しているかな?と思ったら保湿力の高い化粧水を使いましょう。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

などの保湿成分が配合されているものを選びましょう。

逆に夏などはさっぱりタイプの化粧水でも十分なことがあります。夏に使いたくなる美白化粧品によく使われているビタミンC誘導体は保湿力は乏しく、肌を乾燥させます。

年齢肌、乾燥肌の人がビタミンC誘導体入りの化粧品を使うなら、保湿効果の高い美容液を使うなどの工夫が必要でしょう。

大事なのは、常に自分の肌の状態を把握しておくこと。しっかりと肌をさわって、肌と対話することです。美容部員がいいといったから使う、ネットで評判だったから使う、それだけじゃなくて、「自分の肌は今どんな状態なんだろう」と、自分自身でわかること。

これが大事です。

ですから、いつでも同じ化粧水ではなくて、肌の状態に合わせて変えるのが理想です。




洗い方やつけ方などの方法も大事

  • 熱いお湯で洗う
  • ごしごしこする
  • ごしごし拭く

このようなことをしていたら、どんな化粧品を使っても肌はきれいになりません。自ら肌を傷めつけているようなものです。

面倒くさくても、顔を洗う時は丁寧に。泡をたっぷり立てて優しく洗うんです。お湯が熱すぎるのもダメ。皮脂を取りすぎて肌が乾燥してきます。

体温よりも低い32度くらいがいいとされています。お湯の温度は少し冷たいかな?と感じる程度がいいですよ。

顔を洗うのなんて、時間にしたらほんの数分ではないでしょうか。そこに手間をかけたって、10分も20分もかかりません。ほんの少しの手間ですよ。

丁寧に泡を立てて、優しく洗いましょう。手が顔に触れないくらいの泡を立てて。泡立てネットを使うといいですよ。

洗い流す時も丁寧に。決してこすらずに、お湯を優しくかけるようにして洗うんです。そしてタオルで水分を吸い取らせるようにして拭きます。

スキンケアは毎日の積み重ねだから、これを心がけるだけで、数ヶ月経てば肌は確実に変わってきます。

正しい洗顔方法についてはこちらも参考にしてください。>「お金をかけずにキレイになろう!その2〜正しい洗顔の仕方でキレイになれる」

だまされたと思ってやってみて。

ただし、乾燥している時はぬるま湯だけで

1日中メイクをしていた後の夜の洗顔はしっかりと汚れを落としたいですが、朝はそれほどの汚れはついていないですね。

ただ、一晩中汗や皮脂は出ているので、洗わなくてもいいわけではありません。乾燥を防ぐためには、ぬるま湯だけで洗ってもOKです。

乾燥ぎみかな?と思う時は、石けんを使わずにぬるま湯だけで洗いましょう。私も朝は基本的にぬるま湯洗顔です。

おすすめのプチプラ3姉妹とは?

私がおすすめするのは、

  • 牛乳石鹸
  • ハトムギ化粧水
  • ニベア

基本はこれで十分です。

3つで1000円もかかりません。だけど、優秀なコスメばかりです。

保湿が足りないかなと思えばその時だけ美容液をプラスするとか、乾燥しているところにコットンパックをするとか、基本アイテムにその時々で必要なものをプラスしていけばいいのです。

先ほども言いましたが、大事なのは化粧品の価格じゃない、スキンケアのタイミングと方法。これが出来ていなければ、どんなに高級なコスメを使っても成果は出ません。私がそうだったからよくわかります。

昔は月に5000円〜1万円くらいかけていた化粧品代、今は1000円もかからない。それでもお肌の調子はすこぶる良い。

しわやくすみをとったり、シミを予防したりと、年齢肌の悩みを解決するような化粧品を使うのは、まず肌を健康にしてからでないと。

ああいうのって、健康な肌に使うのが前提ですからね。

まず肌を健康にして、それからしみを取る石鹸だとか、しわにいい美容液だとかを楽しめばいいんです。

ニベアの代わりに植物オイルもあり

ニベアのべたつき感が苦手な人は、さらっとした植物オイルの方がいいかもしれません。植物オイルはほんの数滴で十分なのでコスパも優秀。かなり長持ちします。

あ、それとクレンジングも肌にやさしいものを使ってくださいね。40代はもう皮脂が少ないんですから、スルッと落ちるメイク落しなんていうものを使っていると、肌はどんどん乾燥していきますよ。

おすすめのはミルクタイプのクレンジング。メイクは落とすけれど、皮脂は落としすぎないので、洗い上がりもしっとりしています。



【ダマスクローズクレンジングミルク】
価格:3780円
容量:125ml
クレンジングも洗顔もこれ1本です。
鉱物油・合成着色料・合成香料は無添加

-40代のスキンケア
-,