40代のスキンケア

毛穴のタイプ別:化粧水選びのポイント。陶器肌は化粧水から

化粧水

毛穴の開きや黒ずみ、詰まり。40代になると毛穴の悩みも増えてきますね。私もその一人です。

毛穴のケアをしっかりしないと、もうメイクだけではごまかせなくなってきます。とはいっても、美容クリニックなどに通う時間もお金もない・・・。

ということで、まずは根本的なスキンケアを見直してみましょう。もしかしたら、今使っている化粧水が肌に合っていないのかもしれません。

40代の毛穴をケアするための化粧水選びについてまとめました。

<スポンサードリンク>



あなたの毛穴の悩みはどれ?

毛穴には色々なタイプの悩みがあります。あなたはどの毛穴で悩んでいますか?

つまり毛穴

皮脂と古い角質が混ざり合って角栓を作ってしまい、プツプツに見える毛穴のこと。角栓毛穴とも呼ばれます。いちご鼻なんてまさにこの代表格ですね。

黒ずみ毛穴

詰まった角栓を放置しておくと、それが酸化して黒ずんできます。そしてもう一つ、メラニン色素が毛穴の入り口にたくさん作られてしまっている場合も黒ずみが出来ることがあります。

角栓は取ればスッキリしますが、メラニン色素は顔を洗ったくらいでは取れないので、なかなか厄介な毛穴です。

たるみ毛穴

加齢などで肌がたるんでくると毛穴も一緒にたるみます。毛穴が楕円形(涙型)になって目立ってしまうのです。

帯状毛穴

たるみ毛穴がつながると帯状毛穴になって、1本のしわのようになってしまいます。小じわのように見えているのは実は毛穴の連なりなのかもしれません。

乾燥毛穴

肌が乾燥してしぼんだようになっているために毛穴が目立ってしまう状態です。

開き毛穴

皮脂が過剰に出てしまうことでどんどん毛穴が開いてしまっている状態。べたつきを感じがちな人はこの開き毛穴かも。

すり鉢毛穴

開き毛穴を放置すると、皮脂が皮膚を削り取ってしまい、すり鉢状になって元に戻らなくなります。

毛穴のタイプ別の化粧水の選び方

美白対策

それでは具体的に、それぞれの毛穴にどんな化粧水を使えばいいのかということをお話ししましょう。

乾燥毛穴、開き毛穴には高保湿化粧水

肌が乾燥しているために目立つ乾燥毛穴、皮脂が多いために開いてしまった開き毛穴には高保湿タイプの化粧水を使いましょう。

皮脂が増えてしまうのは乾燥が原因だからです。乾燥肌も脂性肌も保湿が足りないことが原因。だから洗顔後の肌をたっぷり保湿してあげないといけません。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

などの保湿成分が入っている化粧水でしっかり肌を潤しましょう。

開き毛穴はさらに収れん化粧水で引き締める

開き毛穴の2つの要素、皮脂の過剰分泌と毛穴の開きにアプローチするのが収れん化粧水です。

例えば、

  • ビタミンC誘導体
  • クエン酸などの有機酸
  • ハマメリスエキスなどの植物エキス

などの成分が含まれていることが多く、皮脂をコントロールしつつ、毛穴を引き締めます。

収れん化粧水はスキンケアの最後、化粧下地を塗る前に使います。

手でつけるのではなく、コットンでパッティングするようにして使います。私は頬の毛穴が気になる時に使っています。

皮脂が多いTゾーンのみに使うのもおすすめです。

たるみ毛穴、帯状毛穴には肌に弾力を与える化粧水

毛穴がたるんでくるのは肌の弾力が足りなくなってくるからです。化粧水で肌の奥、真皮まで美容成分を届けることは難しいのですが、角質層をしっかり保湿し、ハリを保つことで表面のたるみは目立たなくなってきます。

  • セラミド
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • プラセンタエキス

など、肌のハリを保つための成分が入っているものを選びましょう。

詰まり毛穴、黒ずみ毛穴には角質ケアできる化粧水

角質が詰まりやすくなっている毛穴は、時たま角質を拭き取るような化粧水でケアしてあげることが必要です。

  • サリチル酸
  • ビタミンC誘導体

などが含まれた拭き取り化粧水で角質ケアをしましょう。

穏やかなピーリング化粧水もおすすめですが、くれぐれも毎日使わないように。肌の状態を見ながら週1回くらいから始め、回数を増やしていくようにしてください。

また、フラーレンのように肌のターンオーバーを促進するような成分が入っているものを毎日使い、角質がたまらないようにしていくのもおすすめです。

メラニンのたまった黒ずみ毛穴には美白化粧水

角栓が酸化したのではなくメラニン色素が沈着して黒ずんでしまった毛穴には、メラニンの排出を促進する成分が入った化粧水がおすすめです。

  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス
  • アルブチン

など、メラニンを薄くしていく働きのある成分が入っているものを選びましょう。

毛穴の状態によって化粧水を使い分けること!

例えばTゾーンは皮脂が多くて毛穴が開いているけれど、頬はたるみ毛穴が目立つ、というように、顔の部位によって毛穴の種類が違うこともあると思います。

そんな時には、面倒ですが毛穴の状態によって化粧水を使い分けていくことで、毛穴に適したケアが出来ます。

<スポンサードリンク>



-40代のスキンケア