40代におすすめの食材

吸収力が他とは違う【きらきらコラーゲン】で肌の内側からハリが出る

 

コラーゲンサプリやコラーゲンドリンクなど経口摂取出来るコラーゲンには色々な種類があります。でもどれが一番いいんだろう、と迷っていませんか。

値段もピンキリで良さげなものはものすごく高価だったりする。高いと続かないし、安すぎて効果がないのも困る。

コラーゲンなんて飲んだり食べたりしても無駄!なんて話もありますしね。実際のところはどうなんでしょうか。

本当に効果があるなら試してみたい!と思っている方へ、他のコラーゲンとは吸収率が違うUMIウェルネスのきらこらコラーゲンをご紹介したいと思います。

先にどんなコラーゲンなのか見てみたい方はこちら↓

公式サイトはこちら

そもそもコラーゲンは飲んで肌がキレイになるのか

コラーゲンは食べても意味がない、なんてこともいわれていましたが、実際はどうなんでしょうか。

私はずっとあると思っていました。だって、コラーゲンを1週間くらい続けて飲むとお肌の状態はやっぱり変わりましたもん。

コラーゲンドリンクのCMなんかもやってますよね。全く効果はない、なんてことはないと思いたいですが・・・。

魚鱗コラーゲンの経口摂取は効果が見込めるという結果

心配しないでください。コラーゲンはお肌の改善に効果が見込める、という実験結果もあるのです。

その結果、魚鱗コラーゲンペプチド摂取によりその用量に応じて角質水分量の増加傾向が見られ、特に、30歳以上を対象とした層別解析で魚鱗コラーゲンペプチド5g以上の摂取により角質水分量の有意な増加が認められた。

一方、豚皮コラーゲンペプチド摂取では優位な変化は得られなかった。この結果から、魚鱗コラーゲンペプチドの摂取は角質水分量の増加に有効であると考えられた。

「コラーゲンペプチド経口摂取による皮膚角質水分量の改善効果」
明治製菓株式会社食料健康総合研究所

これは、肌の乾燥が気になる25~45歳の日本人女性191名の、左目の目尻から下2cmの角質水分量がどう変化するかを実験したものです。

コラーゲンは関節痛や骨粗しょう症によい、という臨床試験結果はあるものの、肌への有効性を示したものが少ないため、行われた実験です。

コラーゲンは肌にも良い、ということがちゃんと証明されているんです。

年齢とともに劣化するコラーゲン

コラーゲンは年齢とともに減少するだけでなく、消化吸収する力も段々弱まってしまうのです。

それがしわやたるみの原因になります。だからこそ、消化吸収しやすいコラーゲンを継続して摂ることが大切なんですね。

コラーゲンが加齢によって劣化していくのはどうしようもないとしても、少しでもそのスピードを緩やかにしたいじゃないですか。

それには質の良いコラーゲンを毎日摂ることが重要なんです。

肌が内側から潤う実感

続けてみてください、コラーゲン。肌は確実に変わります。手触りが変わります。

化粧品を外側から塗るのとはまた違って、内側から肌がふっくら、潤う感覚です。まずは1週間~10日くらい続けてみると分かると思います。

魚の皮だから吸収が違う【きらきらコラーゲン】

コラーゲンが肌に良い、という実験結果が得られたのは、豚の皮ではなく魚鱗でした。

その魚の皮を使ってコラーゲンを作り出したのが、UMIウェルネスのきらこらコラーゲンなんです。

魚の皮を使っている

きらきらコラーゲン

豚足はコラーゲンの塊といわれますよね。確かにそうなんですが、これは食べても分子が大きすぎて肌に吸収することはできないのです。

豚の皮などもよく使われていますが、これも硬いので消化しにくいといわれているんです。

そこで登場したのが魚の皮。柔らかく吸収力の高いので、肌の改善効果が期待できるんです。

ウロコより皮

きらきらコラーゲン

実験で使われていたのは魚鱗でしたが、ウロコよりも皮の方が実は消化率が30%も高いことが分かっています。

確かにウロコは硬いですもんね。それに比べると皮は柔らかい。だから消化率が違うんです。

大事なのは分子の大きさ

コラーゲンが経口摂取しても意味がないといわれていたのは分子が大きいからなんです。

でも低分子化すれば効果があるということが分かってきたので、コラーゲンを選ぶ時に大事なのは分子の大きさ。

UMIウェルネスのきらこらコラーゲンは魚の皮を傷つけずにコラーゲンを抽出して低分子化することに成功しました。

より自然な形で天然型のコラーゲンを摂ることが出来るので、プルプル感を実感しやすいんですね。

でも、魚くさいんじゃない?

 

きらきらコラーゲン

でも、魚の皮から採ったコラーゲンて、くさいんじゃない?と心配になりますよね。

私も以前、コラーゲンではないのですが、サメから採ったエラスチンの美容液を通販で買った時に、あまりの魚くささに使えなかったことがあるんです。

せっかく効果があっても、魚くさいのは・・・という心配は無用です。

特許製法(真空乾燥製法)によって、臭い成分を取り除くことに成功しました。だから、魚くさくて食べられない、なんてことはありません。

何にでも使える便利さ

きらきらコラーゲン

私は以前コラーゲンドリンクを愛用していましたが、これはこれでいいんですけど、もっと飲むだけじゃなくてもっと色々料理なんかに使えたら、沢山コラーゲンが摂れるのに、と思っていたんです。

容器がごみとして増えるのも面倒でしたしね。

UMIウェルネスのきらこらコラーゲンは溶けやすい粉末で、味もにおいもないので、飲み物に入れたり料理に使ったりと、普段の食事でコラーゲンをたっぷり摂ることが出来るんです。

コラーゲンを選ぶならコスパも大事

きらきらコラーゲン

私は美容に関するものを選ぶ時には効果だけでなくコスパも重視します。

特にコラーゲン1回摂ったら終わり、ではなくて続ける必要があるので、コスパは非常に大事!安くなければ続けられないからです。

かといって、安かろう悪かろうでは困りますね。

高価なコラーゲンドリンクは1本200~500円くらいしますけど、【きらきらコラーゲン】は1ヶ月当たり2858円(+送料、消費税)です。

さらに定期コースにすれば10~15%の割引があり、送料も無料です。

  • 2ヶ月ごとに2袋届けてもらうなら15%オフの2429円
  • 1ヶ月に1袋なら10%オフの2572円です。

いつでも休止できるので安心ですよね。

▼▼購入はこちら▼▼

自分の肌に自身が持てるようになる

きらきらコラーゲン

30代からやっぱり肌の衰えは感じ始めていて、元々乾燥肌だったこともあって、乾燥小じわが気になるようになりました。

そしてフェイスラインの変化。顔全体がゆるくたるんでいるというか、シャープさがなくなってきたというか・・・。

あー、これが肌が衰えるってことねと悲しい現実を受け入れざるを得ませんでした。

でもコラーゲンを摂るようになってから、肌は確実に変わったと思います。飲んでいるとそうでない時では、化粧のノリも違いますし、朝顔を洗う時の肌の手触りが違うんです。

もちろん、年齢なりの衰えはありますけど、コラーゲンを飲んでいなければもっと衰えていたと思います。

だから、しわやたるみが気になっている方は、化粧品でカバーするだけじゃなくて、肌の内側からのケアも是非してみて欲しいと思います。

コラーゲンは溜めておけないので毎日続ける必要がありますが、例えば朝飲むコーヒーにスプーン1杯入れるだけですし、それだけでキレイになれるなら全く苦にならないと思います。

メイクをするのも楽しくなるし、やっぱり自分の肌に自信が持てるようになるって嬉しいですよね。

いくつになってもキレイでいたい、それは女性みんなが思うことだと思います。そのために、毎日コラーゲンを続けてみませんか。

【きらきらコラーゲン】お申込はこちら。
公式サイトはこちら

-40代におすすめの食材
-,