40代のメイク

40代の目の下のしわを隠すメイク術。簡単な4つのポイント

隠したい目の下のシワ。でも、ファンデーションで隠そうとすればするほど目立ってしまうのが小じわです。

20〜30代と同じメイクをしていたんではダメなんです。濃いメイクは逆に老け顔に。気になるシワはカバーしつつも、ナチュラルに見せることが必要です。

気になる目の下のシワを目立たなくさせるためのメイク術をご紹介しましょう。

<スポンサードリンク>



1.メイク前の保湿が超重要!

なぜシワが目立つのか。それは肌が乾燥していることが原因の一つです。

ですから、下地を塗る前の目元の保湿が超重要。ちょっと手間ですけど、ここで手を抜かないことがシワを目立たなくさせるのです。

  1. 目の周りにホホバオイルを薄く塗ります。
  2. その上から化粧水をたっぷり染み込ませたコットンを乗せてパックします。
  3. 通常のコットンパックは5~10分おきますが、ここは2~3分ではがします。
  4. 最後に乳液かアイクリームでもう1度保湿します。

このひと手間で、シワ自体は消えませんが、目立たなくさせることは出来ます。

ただし、塗るのは「ごく薄く」です。パックをする時のようにたっぷり塗ってはいけません。メイクがよれますからね。

しかし、目元の皮膚がふっくらすることで、シワが目立たなくなるんです。

保湿効果の高い、天然のホホバオイルは1本持っておくと便利ですよ。

2.下地もファンデも薄く塗る

たっぷり保湿はしてあるので、下地は薄く塗るので十分です。

ファンデーションも、シワを隠したいあまりに厚く塗らないこと!目の周りは、他の部分を塗った後で、最後に手に残った分くらいの量で十分なのです。

え、これで大丈夫?と思うくらい少なくていいんですよ。薄い方がシワは目立たないのです。

パウダーファンデーションの場合は、パフに残っている分を薄く塗るくらいでちょうどいいですよ。

3.最後のフェイスパウダーも極薄で!

最後のお粉も重要ですね。ここでパウダーをつけすぎると台無し。余計にシワが目立ってしまいます。

パフにパウダーをしっかり馴染ませてからつけること。そうすると、均一につけることが出来ます。

そして最後にブラシで余計なパウダーを払ってください。

4.目の下のシワから目をそらすメイク術

目の下のシワから目をそらすためには、チークやリップメイクもしっかりすることが重要です。

とはいえ、濃すぎるメイクや厚塗りの印象にならないように気をつけたいものです。濃いメイクは余計に年齢を強調してしまうからです。

派手な色を選ぶのではなく、キレイに見えつつも肌に馴染みの良い色を選ぶとナチュラルに見えます。

ブルーベースの肌ならピンク系の柔らかいメイク、イエローベースの肌ならオレンジ系の健康的なメイクがおすすめです。

真っ赤な口紅に血色メイク、は40代にはあまり似合わないかも。チークもさりげなく入れるのがいいですね。

チークは目の下のシワにかからないように、頬骨のやや下あたりに入れると効果的です。

パール感のあるハイライトはNG

ハイライトを入れると確かに目をそらすことが出来るので、シワを目立たせなくするために効果的なのですが、入れる場所と材質が大事。

若い子が涙袋を作る時のように、下まぶたにパールのシャドウなんて入れたらシワを強調するようなものです。

ですから、あまい白浮きしない、ピンク系かベージュ系の肌馴染みの良い色のフェイスカラーを選んで、Tゾーンは頬骨のシワが出来ない位置に入れると肌に艶が出て見えますよ。

<スポンサードリンク>



-40代のメイク
-,