アンチエイジング

レチノールはシミにいい?それともシワ?期待できる5つの美容効果

レチノール 効果

美白やシワ対策に使われる美容成分はたくさんありますが、レチノールという成分について気になったので調べてみました。

最近はシミ、シワ、たるみなど総合的に年齢肌の悩みが気になってきて、これを一気に解消できる、もしくは一つでもいいから確実に効果が出るものはないかなと思って探しています。

レチノールの効果についてまとめました。

<スポンサードリンク>



レチノールの5つの美容効果

レチノール 効果

レチノールの美容効果にはどのようなものがあるか、主に5つの効果が期待できます。

肌のハリ、シワの改善

私がレチノールを使ってみたいなと思ったきっかけは「シワにいい」というのを小耳に挟んだからです。

肌のハリを保つには、コラーゲンやエラスチンなど、真皮にある成分ががんばってくれないといけないわけですが、これが加齢とともに減少してしまい、シワやたるみの原因になりますね。

コラーゲンなどは繊維芽細胞から作られるのですが、レチノールはその繊維芽細胞に働きかけることによってコラーゲンの生成などを促進します。

つまり、肌の弾力を回復するサポートをすることで、シワやタルミを改善していくということですね。

シミを出来にくく、薄くしていく

レチノールには軽いピーリング効果があります。

私たちの肌は、紫外線などを浴びると活性酸素が体内に発生し、その活性酸素から肌を守ろうとしてメラニン色素が作られます。

メラニン色素自体は肌を守るために出てきているので、悪者ではありません。しかし、これが肌の中にとどまってしまうと、それはシミになってしまうわけです。

若いうちは肌のターンオーバーがうまくいっているので、メラニン色素が作られてもどんどん排出されていきます。角質層までちゃんと上がってきて、垢としてはがれていくんです。

しかし年齢を重ねるとターンオーバーが乱れてきて、メラニンが排出されない。肌にとどまる。これが色素沈着=シミですね。

ターンオーバーの大切さについては、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

レチノールには古い角質を落としてくれる働きあるので、肌のターンオーバーを促進して、シミを薄くしていく効果が期待できるのです。

大人ニキビにも効果的

思春期のニキビは皮脂の過剰分泌が原因ですが、大人のニキビはそれに加えて古い角質がたまり、角栓を作って毛穴を塞いでしまうことが原因です。

だから、ここでも肌のターンオーバーが重要になってきます。

ターンオーバーが乱れると、古い角質がたまってしまい、肌はごわごわになるし、それがニキビの元になるので、ここでもレチノールのピーリング効果によって、ターンオーバーを促進していきたい。

余計な角質を落とすことで、角栓が出来るのを防ぎ、大人ニキビを予防できる、というわけです。

ニキビ跡やくすみ対策にも

ターンオーバーを促進するので、新しい肌を作るサポートをしてくれます。だから、にきび跡が気になる方にもオススメですし、くすみ対策としても有効ですね。

乾燥肌の改善にも

レチノールには水分保持作用があるので、肌の潤いを保つことにも役立ちます。

私たちの角質層にはセラミドなど肌の潤いを保つための細胞間脂質というものがあります。

これらはターンオーバーの過程で作られるので、新陳代謝が盛んにならないと肌もカサカサしてきてしまう、ということ。

レチノールの水分保持作用とピーリング作用で肌のターンオーバーを促進することで、肌の潤いを保ちます。

そもそもレチノールとは

緑黄色野菜 ビタミン

レチノールとはビタミンAのこと。ビタミンAはうなぎやレバー、緑黄色野菜などに含まれる栄養素で、皮膚や粘膜を保護する働きがあります。

動物性食品に含まれるものをレチノール、緑黄色野菜に含まれるものをβカロテンといいます。βカロテンは体内に入ってからビタミンAに変わります。

レチノールは脂溶性ビタミンで、油には溶けやすく、水には溶けないという性質があります。

レチノールにも2種類ある

レチノールはさらにパルミチン酸レチノールとトレチノインと2種類に分けられます。

パルミチン酸レチノールとは光や熱に弱く、不安定なレチノールを、化粧品に配合しやすいように改良したものです。

トレチノインとはビタミンAの100倍の作用があるといわれる強力なビタミンA誘導体。

あまりに強力すぎて、化粧品には配合できず、薬として使われています。つまり、医師の処方箋がないと使えない成分なのです。

ということは、普通の化粧品に入っているおはパルミチン酸レチノール、ということになりますね。

レチノールとトレチノインの違い

  • レチノールは化粧品
  • トレチノインは医薬品

この大きな違いをしっかり覚えておいてください。

トレチノインは効果が高い分、非常に刺激が強くて人によっては副作用の方が心配です。

日本では医師の処方箋がないとトレチノインは使えませんが、中には個人輸入をしてまでエイジングケアを使用とする人がいます。

これは非常に危険。肌がぼろぼろになってからでは遅いので、絶対に個人の判断では使わないでくださいね。

レチノールの副作用は?

レチノールは美容成分の中でも刺激が強い部類になるので、敏感肌の人は注意が必要です。

必ずパッチテストをして、異常がないことを確かめてから使いましょう。

※パッチテストとは
腕の内側など皮膚の柔らかいところに塗って一晩様子を見ます。かゆみや赤みなど、肌に異常が出ないかどうか確かめてから顔に使いましょう。

レチノール反応

肌が荒れがちな人、ビタミンAが足りていない人がレチノールを使うと赤みやニキビが出たり、かさついたりすることがあります。

一種の好転反応なので、ビタミンAが足りてくれば収まるのですが、これがレチノール反応なのか肌に合わないというサインなのかは素人では分からないので、心配な場合は皮膚科を受診しましょう。

そうならないように、ごく少量から使ってみることをおすすめします。

肌が強い人でも好転反応の可能性あり

レチノールは刺激の強い成分です。肌が健康な人でも好転反応が出ることがあるので、濃度の低いものから試してきましょう。

また、化粧品を選ぶ時に、余計な添加物が入っていないものを選ぶなど、出来るだけ肌への刺激を少なくする工夫をしたいですね。

<スポンサードリンク>






-アンチエイジング
-, ,