40代のメイク

シリコンパフを使ってみた感想。ファンデの節約にはなる。

2017/07/26

シリコンパフ

普段はエスティーローダーの菱形のスポンジパフを使っているのですが、似たようなのが売っていないかなとドラッグストアを探すも、なかなか見つからず。

で、Amazonで「パフ」と検索していて見つけたのがこのシリコンパフです。

シリコンって、どんな感触なんだろう〜〜と思って、安かったので注文してみました。

<スポンサードリンク>



使ってみてどうだったか

シリコンパフ

シリコンパフを使ってみた感想です。これから買おうとしている人の参考になると良いのですが。

ぺたぺたしてる

当たり前ですが、シリコンなので感触がぺたぺたしてます。これで本当にファンデーションを塗れるんかい、と思って使ってみたところ・・・。

いつも感覚で使うと失敗する

私は普段、ティント乳液(もしくは下地)+フェイスパウダーか、BBクリーム+フェイスパウダーが多いのですが、いつもの感覚でおでこ、鼻、両頬、にティント乳液をおいて、いざシリコンパフで伸ばそうとしたら、あら大変。

なんだか顔が真っ白になってしまいました。明らかにつけ過ぎです。

そうです、スポンジではないので、パフが吸い取る分が全くないんです。それを考慮しないでいつもの量を使ったから大変なことになりました。

普通のスポンジで拭き取るようにして、何とかファンデの色を調整しました。

ポンポンと叩くように使う

それに懲りて、量を加減するようにしました。でも、顔につけてからそれをパフで伸ばすようにするとなんだかうまくいかなくて、いつもとは付け方を変えてみました。

パフの方に少しティント乳液(もしくはBBクリーム)をつけて、それをポンポンと軽く叩くようにしてまんべんなく広げ、全体に広がったところで伸ばすようにパフを滑らせます。

そうするとうまくつけられるようになりました。量はいつもの半分くらいでいいかもしれません。

シリコンパフのメリット

 

  • ファンデの量が減る
  • 毎日清潔に使える

パフがファンデを吸い取らないので、使うファンデの量は格段に減ります。BBクリームなんて、多分3分の2〜半分くらいになってると思います。

それを考えると、ファンデの節約になるかなと思います。

また、スポンジパフのように乾かす時間が必要なく、水洗いしてタオルで拭けばすぐに使えます。毎日使った後にさっと洗って、清潔さをキープできるでしょう。

シリコンパフのデメリット

  • 感触がいまいち好きになれない
  • ファンデのつけ過ぎに注意
  • 伸ばし方が慣れるまで難しい

これは私の個人的な感想ですが、肌にぺたぺたしている時の感触がイマイチ好きになれません。あまり気持ちよくないのです。

慣れたらいいのかなと思いますが、こればっかりはどうにも。

それと、ファンデをつけすぎると修正が利かないので、スポンジで吸い取るかティッシュで押さえるしかなくなります。

失敗しないように、少しずつつけた方がいいですよ。

それと、伸ばし方ですね。スポンジを使う時のように、顔に5点(おでこ、両頬、鼻、あご)にファンデを乗せて、それをいきなり伸ばそうとすると肌を思い切りこすってしまう。

しかも、伸ばしにくい。

それで、ポンポンと叩くようにして広げていき、最後に馴染ませるようにしてのバス、という方法でようやくうまくできるようになりました。

慣れるまで、ちょっと難しいかもしれません。

安いので1度使ってみてはいかがでしょう

とはいえ、とても安かったので使ってみる価値はあると思いますよ。4個も入ってたし、1個がかなり持つと思います。

誰かとシェアしてもいいですね。

パウダーファンデーションも塗ってみましたが、塗れないことはありません。でもどちらかというとリキッドやBBクリーム向きかと思います。

<スポンサードリンク>



-40代のメイク
-,