40代のスキンケア

スクワレンとスクワレンの違いを知ってる?皮脂膜には欠かせない成分

スクワレン スクワラン
スクワランとスクワレン。名前が似ていますが、どんな働きをするんだろう。その違い、ご存知ですか?

私もよく分かっていなかったのですが、違いを知らないと正しく使えませんよね。似たようなものでありながら、用途がちょっと違うんです。

<スポンサードリンク>



原料はどちらも同じ

スクワレンは深海ザメの肝油から採られています。肝油の中に80%含まれているのがスクワレン。

で、このスクワレンはとても酸化しやすいという性質があって、水素を添加して酸化しにくくしたものがスクワランです。

つまり、原料は同じで、サメの肝油から取り出した状態がスクワレン、加工したのがスクワランということになりますね。

サプリメントで摂取するスクワレン

スクワレンは酸化しやすいので、そのままでは使えない。だからカプセルなどに入れて空気に触れないようにするんです。

だからサプリメントとして利用されることが多いんですね。

スクワレンは体内でスクワランに変化

実は、スクワレンは体内に取込まれると、体内にある水素と結びついてスクワランに変化するんです。

スクワレンもスクワランも、元々身体の中にある成分で、肌はもちろん、筋肉など全身に含まれ絵います。

イメージとしてはコラーゲンのようなものでしょうか。皮脂膜に多く含まれていて、肌の潤いには欠かせない成分です。

化粧品として使うスクワラン

一方スクワランは水素を添加し酸化しにくい状態にしていますから、安心して化粧品に使うことが出来ます。

保湿効果も高く、肌の新陳代謝を促進するので、美容オイルなどに使われています。

<スポンサードリンク>



-40代のスキンケア
-