40代のスキンケア

春の紫外線対策してますか?寒いからといって油断しちゃダメ!

青空 紫外線 日光

3月はまだ寒い日と暖かい日が交互にやってくる「三寒四温」が続きますが、確実に春が近づいていますよ。

ここで注意して欲しいのが紫外線。まだコートも着ているし、寒いから、なんて安心してはいられません。

もう紫外線対策をしっかりしないと、これが後々のシミ、しわの元になります。

<スポンサードリンク>



3月の紫外線は中程度〜強い

3月はまだ肌寒く、ダウンコートを着ていたりしますから、あんまり真剣に紫外線対策をしている人は少ないかもしれませんね。

でも春の紫外線は意外と強いのです。

紫外線量

3月の終わり頃からぐんぐんと量が増えていき、4月に入ったらもう「強い」というレベルに。これは9月の紫外線量と同じくらいなんですよ。

9月の残暑が厳しい時に日焼け止めなしに外に出ませんよね。

だったら3〜4月もしっかり日焼け止めを塗らないと、同じように日焼けしてしまうということです。寒さと紫外線量は関係ありませんから、油断しないで!

ちなみに今の紫外線量はこんな感じ、というのが気象庁のHPで見ることが出来ます。
お天気と一緒に紫外線量もチェックしたいですね。
気象庁による「明日の紫外線の予測分布図」

紫外線対策、ここに注意!

特に注意して欲しいのは顔、目、手の甲、髪ですね。顔はまだメイクをしていれば、下地やファンデーションのUVカット効果で紫外線を防げるかもしれない。

でも、目や手の甲、髪は結構無防備ではないでしょうか。ちょっと暖かいと手袋をしないで外を出歩いたりするかもしれませんが、手の甲は身体の外側を向いていますよね。

普通に歩いていても日光が当たりやすいところであるということと、自転車に乗る人は特に注意です。ハンドルを持つ手の甲は上や外側を向いているので、まともに日光が当たります。

うっかりすると、手首から先だけが日焼けしている、なんていうことになります。私が毎年懲りずにやってしまうので、皆さんには注意して欲しい!

手の甲は年齢が出やすいところです。顔はメイクでごまかせても手がしわしわ、シミだらけだったら嫌ですよね。

紫外線A波をカットして!

紫外線にはA波とB波という種類があります。最初に皮膚を赤くして炎症を起こさせるのがB波。そして皮膚の奥、真皮まで届いてコラーゲンなどを破壊してしまうのがA波。

どっちもカットはしたいのですが、A波の方が年齢肌にはダメージが大きいですね。

しかも紫外線A波はガラスも通します。部屋の中にいても、車の運転中も日焼けするということです。

春の紫外線対策はこうする!

では強力なUVカット化粧品や日焼け止めを使えば良いのかというと、決してそうではありません。

日焼け止めはこまめに塗り直す

日焼け止めにはSPFとかPA+++という表示がありますね。SPFはB波を、PAはA波に対する表示。この数値は効果の高さではなく持続時間の長さを表しています。

持続時間が長いということはそれだけ肌に負担をかけるので、40代以降の乾燥したデリケートな肌にはあまり使いたくないのです。

ですから、数値の高いものを朝1回塗って終わり、ではなくて、数値の低い、肌にやさしいものを使って1日に2〜3回塗り直した方が、肌にも負担がかからず日焼け止めとしての効果も高まります。

特に日に焼けやすい鼻の頭とかおでこ、手の甲はこまめに塗り直した方がいいですよ。

お昼を挟んだ時間帯に注意

紫外線は1日の中でもその量が変わっていきます。早朝や夕方はだいぶ減ってきますが、お昼を挟んだ10〜14時くらいは最も紫外線量が増える時間。

この時間に外出するなら、春でもしっかりと日焼け止め対策をしてください。

ちなみに、お出かけ前は食べるものにも注意してくださいね。>日焼けが悪化する食べ物?外出前に食べたらいけないものとは」

-40代のスキンケア
-,