40代のスキンケア オイル美容

アルガンオイルとホホバオイル、どっちがおすすめ?それぞれの違いは?

更新日:

ホホバの実、ホホバオイル

アルガンオイルとホホバオイル、どっちも美容に良いといわれています。

でも、いまいち違いが分からなくて、どっちを使えばいいんだろう、と迷っていませんか?

  • ホホバオイルとアルガンオイル、何が違うの?
  • 保湿力はどっちが高いの?
  • 年齢肌のケアにはどっちがいいの?
  • ニキビがあっても使える?
  • 結局どっちがおすすめなの?
管理人
オイルマニアがわかりやすく説明します。

どちらにも素晴らしい効能があり、私は40代の美容には欠かせないアイテムだと思っています。

アルガンオイルとホホバオイルにはそれぞれどんな効能が期待できて、実際使うならどっちがおすすめなのか、オイルマニアの私がご紹介しますね。

<スポンサードリンク>



ホホバはワックス、アルガンはオイル

それぞれの特徴のところでもお話ししていきますが、この2つの大きな違い、それは、

  • ホホバオイルはワックスエステル(ロウエステル)
  • アルガンオイルは油

ということです。

ホホバオイルは化学構造が油とは違っているため、オイルと呼ばれていますが厳密に言うと「油」ではありません。

アルガンオイルは「油」です。

24度以下になっても固まることはありません。

管理人
「油」と「ワックス」の違いなんだ!

ちなみに、ココナッツオイルやシアバターは「脂」です。冬は固まってしまいます。

ホホバオイルの特徴

 

ホホバ

ホホバオイルはおいるではなくて「ワックスエステル」という物質なので、他の植物オイルのように食べることは出来ません。

ホホバの樹は年間降水量20mlの地域でも生き抜くことが出来るというすごいパワーを持っています。

アミノ酸、ビタミンA、ビタミンEなど肌に良い成分をたっぷり含んでいて、肌のバリア機能を守ってくれます。

ホホバオイルの効能

このワックスエステルは人の皮脂の成分に近いのでなじみがよく、肌を乾燥から守ってくれるんですね。

しかもとてもなじみが良いので、とてもさらさらしたオイル。塗ったそばからすーっとなじんで消えていくような感じです。

管理人
本当に馴染みがいいのよ。

オイル美容を試したことがない方は、ホホバオイルを使うと「オイルってこんなにさらさらしてるの!?」と驚きますよ。

乾燥肌で、とにかく保湿したい!という方におすすめのオイルです。

こちらの記事も参考にしてください。>「ホホバオイルのここがすごい!40代には欠かせない保湿アイテム」

ワックスエステルが肌荒れを防ぐ

ホホバオイルに含まれるワックスエステルが肌のバリア機能を高めて、外部刺激から守ってくれます。

使い続けるほどに、肌が本来の保湿機能を取り戻していくので、内側から潤っていく感じがします。

私は超乾燥肌でしたから、使い始めた頃は本当に肌がぐんぐんオイルを吸い込んでいくような感じでしたが、今では使う量もほんの少しですむようになりました。

私も昔は、夏でもファンデーションが粉を吹くようなひどい肌の状態だったんです。

どんな高価な美容液を使っても、全然効果がありませんでした。

でも、ホホバオイルに出逢ってから肌が変わりました。

オイル美容に切り替えてから、40代の今の方が20代の頃よりもずっと健康な肌になっています。

ニキビケアにも使える

ホホバオイルはバクテリアの増殖を抑えて肌を清潔に保つ働きがあるので、ニキビケアにも使えるんですよ。

オイルはニキビに良くないんじゃない?と思うかもしれませんが、質の良いオイルを使えばそんな心配はありません。

アルガンオイルの特徴

アルガンツリー アルガンオイル

アルガンオイルはモロッコの砂漠地帯にあるアルガンの木から採れる実を絞ったもの。

なんと100kgの実から1リットルしか採れないという、とても希少なオイルです。

かのクレオパトラも使っていたというアルガンオイルは高級クリームにもよく使われています。

アルガンオイルの効能

このオイルもとても肌なじみがよく、肌を柔らかくしてくれます。

管理人
さらっとしてるよ!

オレイン酸やビタミンEが豊富なので、抗酸化作用に優れています。つまり、細胞を酸化から守ってくれるということ。

体内に活性酸素が増えると、細胞の周りに「過酸化脂質」が増えます。脂質が酸化してしまうため、それが細胞を傷つけ、シミやシワの原因になるといわれています。

その活性酸素を取り除いてくれるのがビタミンEの働き。

ビタミンEの含有量はオリーブオイルよりも多く、2〜3倍にもなるんですよ。

ビタミンEには抗酸化作用があり、細胞が傷つくのを防いでくれるので、シミやシワの予防には最適なのです。年齢肌のケアにはアルガンオイルがおすすめです。

こちらの記事も是非参考にしてください。>「アルガンオイルが年齢肌のケアにおすすめな理由」

保湿効果に優れたリノール酸が豊富

アルガンオイルには保湿効果に優れたリノール酸が含まれています。

しかしリノール酸は不飽和脂肪酸。

肌を柔らかくしてくれる作用があるのですが、酸化しやすいのが難点です。

でもアルガンオイルにはビタミンEがたっぷり含まれているので、そのおかげでリノール酸が酸化しにくいという特徴があります。

肌を柔らかく、ふっくら保つ働きがあるので、最近はだがかさついてしぼんでいるなあと思ったら使ってみてください。

<スポンサードリンク>



ホホバオイルとアルガンオイル、どっちがおすすめ?

美白対策

じゃあ、そんないいオイル、どっちを使ったらいいの?ということになりますね。

ホホバオイルは万能オイルなので肌質も選ばないし、肌なじみもいいし、どこにでも使えます。なので、価格は少々お高めです。

アルガンオイルはとても浸透力の良いオイルですし、ビタミンEが豊富で年齢肌のケアには最適ですから、ちょっと年齢を感じ始めたお肌にはとても向いています。

  • 乾燥肌や肌荒れ(ニキビ)が気になる人はホホバオイル
  • 年齢肌のケアにはアルガンオイル

という使い分けはいかがでしょう。

高品質なものを選ぶポイントがあるので、こちらも参考にしてくださいね。

>アルガンオイルを選ぶポイント
>ホホバオイルを選ぶポイント

最初は小さいサイズのものを購入して、使い心地などを確かめてみてもいいですね。

管理人
でもどちらも捨てがたいですよ。

どちらも乾燥肌や年齢肌におすすめなので、あとは実際に使ってみた感覚で選んでいただくといいでしょう。

私はどちらも持っていて、気分次第で使い分けています。

40代になったら使って欲しい植物オイル

40代になったら、肌そのものが衰えないように、あんまり手をかけすぎるのもよくないんです。

たっぷりの水分と、セラミドなどの保湿成分を角質層に補給し、それが逃げないように蓋をする。それで十分です。

その蓋をするというところですが、色々試してきた中で、ぜひオススメしたいのがオイル美容なんです。

最初の1本はホホバオイルかアルガンオイルがおすすめ

中でも年間通して使えるなと思ったのが、ホホバオイルとアルガンオイルです。顔はもちろん、身体も髪もすべてケアできますよ。

オイルってどんなものを選べばいい?と聞かれたら、使う目的にもよるのですが、だいたいこのどちらかをおすすめしています。

1本持っておけば全身のケアが出来てしまうのでコスパもいいです。

オイルって見た目が少ないので、これで足りる?と思われるかもしれませんが、質の良いオイルは少量でよく伸びるので大丈夫ですよ。

質の良いオイルはベタつかない

オイルはべたつくというイメージをお持ちかもしれませんが、そんなことはありません。さらっとしていて肌をしっとりさせててくれます。

ただし、乾燥がひどいと最初は使う量が多いかもしれませんね。

私もそうでしたが、乾燥している時はオイルが伸びるというよりも肌にぐんぐん吸い込まれてしまうんですよ。

それだけ肌の保護効果が高いのだと思います。

だからオイルの染み込み具合で肌の乾燥具合も分かってしまいますね。

調子がいい時は少量でしっとりしますし、乾燥している時はすぐ染み込んでしまいます。

オイル美容のやり方

oil5

オイルを使った美容法はとても簡単。毎日のスキンケアにぜひ取り入れてみて下さい。

オイルクレンジング

オイルタイプのクレンジング料とは違い、皮脂を落としすぎないので、40代以降のお肌にはとてもおすすめ。

500円玉大くらいのオイルを手に取って、手の平でよく温めてから顔全体に伸ばします。(濃いアイメイクなどは事前に専用リムーバーで落としておきましょう)

小鼻の周りなど黒ずみが気になるところは優しくマッサージしてあげれば角栓も取れますよ。

おかげ様で、オイルでクレンジングをするようになってから、小鼻のぶつぶつはありませんし、角栓も大人ニキビも出来ません。

ティッシュでオイルを吸い取らせるようにして優しく拭き取り、普通に洗顔すれば完了です。洗った後もしっとりしています。

乳液代わりにオイル

化粧水で整えたお肌にオイルを数滴なじませましょう。

これも同じく手の平で温めてから、ごしごしこすらないようにして顔全体に優しく伸ばします。

管理人
最後はハンドプレスで浸透力アップ!

ここで注意して欲しいのは、必ず化粧水で水分を補給してからオイルを使うことです。

オイル美容は乾燥肌に良くない、という記事を見かけますが、それはだいたい洗顔後の顔にダイレクトにオイルを使っているからなんです。

間違えてはいけないのは、オイルは水分を閉じ込めるために使うものであって、それを「潤いを与える」といっているだけのこと。

肌の潤いの基本は水分量ですから、化粧水なしでオイルを塗ってしっとりしたと勘違いしないことです。

化粧水のブースターとして使う

これは導入美容液のような使い方ですね。洗顔後の顔に先にオイルをなじませます。

保湿のためのオイルではないので、ごく少量で大丈夫。

管理人
その後に化粧水を使うと浸透が良くなります。

よく「水と油と油は混ざらないから、化粧水の前に使ったらはじいてしまう」という意見も見かけるのですが、実際使ってみれば分かります。

オレイン酸など人の皮脂と同じ成分が入っているオイルは肌へのなじみも水分との相性も良いので、化粧水をはじいて肌になじまない、ということはありません。

だったら、皮脂も汗や化粧水をはじいてしまうはずですが、そんなことはありませんよね。

オイルパック

クレンジングよりも少したっぷり目のオイルを使ってパックも出来てしまいます。

顔全体にオイルをなじませ、5〜10分ほどおいてから優しく拭き取り洗顔します。

肌は乾燥すると硬くなってしごわごわになってしまいますが、オイルパックをすることで肌を柔らかくすることが出来ます。

もし時間があれば、ただ拭き取るのではなく、蒸しタオルで温めると効果もアップしますよ!

肌が乾燥している時は、週に1回のスペシャルケアとしてやってみてください。

アルガンオイル、ホホバオイル、どっちも使ってみて!

どちらも捨てがたい、優秀なオイルです。私はどちらも使っています。

どちらも肌質は選びませんが、実際使ってみて、その感触を確かめてみて欲しいと思います。

 

今日からオイル美容をはじめてみない?

顔に使うならほんの数滴で良いので、コスパがいいのも嬉しいところ。

そう、オイルってコスパがいいんですよ。質の良いオイルは本の数滴で伸びが良いので、とてももつんですね。

管理人
使い始めるとその効果にもう手放せなくなると思います。

昔はランコムやシャネルの化粧品を毎月5千円〜1万円くらい買っていましたけど、今より肌の調子は格段に悪かった。

オイルに変えてよかったと思っています。

乾燥肌の人、年齢肌が気になる人はぜひホホバオイルやアルガンオイルを使ってみてください!

<スポンサードリンク>







今週のおすすめ記事

ノブ3 1

  もともと肌が弱いので、季節の変わり目や生理の前後などに肌の調子が悪くなることがあります。 それ以外にも、疲れている時とか、ストレスがたまっている時などは肌が弱ってるなあと感じる時がありま ...

Akinローズヒップオイル 2

今日ご紹介するのは、オーストラリア生まれのボタニカルブランド、【A’kin】(エイキン)のローズヒップオイルです。 植物原料にこだわり、動物性の副産物(はちみつなど)も一切使わないという、100%ビー ...

コディナ トライアルセット 3

使ってみたかったコディナのトライアルセット、ようやく注文しました。 100%ピュアなアルガンオイルを始め、アルガンオイルやセサミオイルなどエイジングケアに良いとされる植物オイルをふんだんに使った基礎化 ...

ポリッシュオイル 4

私はオイルマニアです。オイル美容が大好きで、ホホバオイルやアルガンオイルなどをいくつか常備しています。 色々ブレンドされたオイルも好きで、今回友達に勧められて使ってみたのがN.(エヌドット)のポリッシ ...

-40代のスキンケア, オイル美容
-, ,

Copyright© Aroma Beauty for 40's , 2018 All Rights Reserved.