40代のボディケア

胸のブツブツの治し方〜40代のデコルテをきれいにする方法

胸 ぶつぶつ 治し方

胸にブツブツが出来ると、気になってしまって襟の開いた服なんて着られなくなりますよね。デコルテ部分は意外と人の視線がいくところなので、キレイに保ちたいものです。

しかし、この胸のブツブツは、対処法を間違ってしまうと悪化させてしまう可能性もあるので、早めに、正しい対処法で治していきたいですね。

胸のぶつぶつの原因については、こちらの記事でも詳しくお話ししているので参考にしてください。

それでは胸のブツブツの治し方についてお話ししたいと思います。

胸のニキビは清潔にすることと保湿

ニキビは毛穴にアクネ菌が繁殖することで起こります。

  • 過剰な皮脂分泌
  • 乾燥

これは表裏一体で、乾燥すれば皮脂がたくさん出てきてしまうので、デコルテも顔と同じ、保湿が大事なんですね。

ニキビが気になるからといってゴシゴシ洗いすぎるのは良くありませんから、石けんの泡のみで優しく洗い、顔と同じように保湿をしっかりしてください。

また、汗などをしっかり拭きとって、肌を清潔に治すことも大切ですよ。

マラセチア毛包炎には抗真菌薬

マラセチア菌によってブツブツが出来てしまったらどうするか、マラセチア菌はカビなので、治療には抗真菌薬が使われます。

マラセチア菌が繁殖しているのにアクネ菌用の薬を使っても治りません。

もし、アクネ菌用のニキビ薬を使っても治らない時はマラセチア毛包炎を疑って見るといいと思います。

日光皮膚炎には紫外線カット

日焼け止め

日光皮膚炎は紫外線に当たることが良くないので、日差しの強い日は日焼け止めをしっかり塗った上で、肌をあまり露出しないように気をつけてください。

あせも(汗疹)は汗を拭き取る!

あせもはまず肌を清潔にすることです。私は残念ながらあまり心配がいらないのですが、胸の大きい人は谷間にあせもが出来ます。

特に冬は、セーターなどを着て暖房の効いた部屋にいると汗をかいてそのままでいることがないでしょうか。

汗をかきながら、なおかつ胸の間が蒸れてしまうので、あせもが出来やすくなります。

通気性の良い服を着るとか、トイレに立った時にこまめに胸の間を服などして、肌を清潔に保つ工夫をしてみてください。

ホルモンバランスの乱れはストレスケアを

ホルモンバランスを整えることはとても大事。特に40代は揺れる年頃で、更年期障害も出てくる年代です。

ホルモンバランスの乱れによって皮脂の分泌が増えてしまったりするので、

  • ストレスを溜めない
  • しっかり寝る
  • 疲れたら休む
    などして、ホルモンバランスを整えていきましょう。

丁寧に洗って保湿することが大事

胸のニキビも顔と基本は同じです。肌に刺激を与えないように優しく洗い、その後はしっかり保湿することです。

みなさん、顔は結構気を使って洗うと思うのですが、胸はあまり意識していないのではないでしょうか。

うっかりシャンプーやリンス、石鹸の成分などが残っていると炎症を起こす元になりますし、汗や皮脂、蒸れなどもニキビの大敵です。

保湿をしっかりして肌を潤し、乾燥させなければ皮脂の過剰分泌も抑えられますから、顔と同じように毎日ケアすることが大事なんですね。

胸の保湿については、こちらの記事も参考にしてみてください。

治らない時には迷わず皮膚科を受診!

胸 ぶつぶつ 治し方

ニキビとマラセチア毛包炎は区別がつきにくいですし、治らない状態を続けてしまうとブツブツが跡になって残ってしまいます。

胸のところに色素沈着してシミの様に跡が残るのはイヤですよね。

ですから、セルフケアをしばらくしてもブツブツが治らない、という時には迷わず皮膚科を受診しましょう。適切な治療をしてもらえます。

-40代のボディケア
-, ,