40代のスキンケア

面倒な混合肌のお手入れ、どうしてる?

2016/07/17



乾燥肌や脂性肌、敏感肌などが部位ごとに違ってお手入れが面倒な混合肌。
普段は普通肌でも、季節の変わり目になると混合肌になる、という場合もありますね。

Tゾーンは油っぽいのにUゾーンはカサカサ。
なら、顔全体が同じお手入れではダメだと思いませんか?

混合肌の組み合わせはこんなにあります。
・普通肌+脂性肌
・普通肌+乾燥肌
・脂性肌+乾燥肌

私は普通肌と乾燥肌かなと思いますが、夏はおでこがべたつく感じもします。

◆混合肌の特徴は?

Tゾーンはテカりやすく皮脂が過剰に分泌されています。そしてUゾーンは乾燥しやすく、カサカサしています。ただでさえ頬は乾燥しやすいところ。肌荒れも目立ってしまいますね。

このふたつ、まったく違うように見えて共通している理由があるんです。それは「保湿が足りない」ということ。

そう、水不足によってかさついたり、脂が出過ぎてしまうのです。日本人はもともと混合肌の人が多いそうです。それを、どこかひとつの部分に合わせたケアをしているから混合肌に拍車をかけてしまうんですね。

ですからそれぞれの部分にあったスキンケアが必要です。



◆混合肌の原因

保湿が足りないことは大きな原因ですが、保湿を十分しているはずなのに混合肌になってしまう場合は、ホルモンバランスが乱れていることが原因かもしれません。

ホルモンバランスが乱れると様々なところに影響が出ます。
・アクネ菌が繁殖してニキビが増える
・皮脂が過剰に分泌される
など、肌の調子が悪くなっている場合は、ホルモンが影響しているのかもしれません。

ホルモンバランスはストレスや不規則な生活ですぐに乱れてしまいます。体にいい食事をしてゆっくり休養することがとても大切ですよ。

◆混合肌用の化粧品を使おう

できれば混合肌に対応できるような化粧品を使うのが大事ですね。例えば水分補給の化粧水。あまりにさっぱりしたタイプだと混合肌の乾燥の部分がよけいにカサカサになってしまったりするので、保湿タイプのローションで頬などをしっかり潤しましょう。

化粧品の刺激は肌荒れやニキビの元になります。低刺激の肌に優しい化粧品を使いましょう。

そしてクリームなどの油分はTゾーんは少なめに。油で蓋をすることは大切ですが、つけ過ぎは禁物。ごく薄くでいいので、しっかりと蓋をするように。お手入れの最後はハンドプレスで塗ったものを手の体温で浸透させていきましょう。



-40代のスキンケア