40代のスキンケア

シミの種類の見分け方~40代からのシミは原因を知って正しく対処

更新日:

475171935
「シミ」と一口に言っても、シミには種類があるのをご存知でしょうか。

シミの種類によって、原因も違いますし、対処法も変わってきます。そのシミに合わせた対策をしないと、悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。

自分でケアできるもの、美容クリニックなど専門家でないと治療できないもの、塗り薬を使うのか飲み薬も併用するのかなど、シミの種類にってケア方法が違うのです。

さて、あなたのシミはどのようにすれば消えるのか?まずはシミの種類を見てみましょう。

<スポンサードリンク>




日光黒子(老人性色素班)

代表的なシミの種類で、一般的に「シミ」と言ったらこれをさすことが多いです。

「老人性」といっていますが、年齢に限らず若くても紫外線を大量に浴びているとできてしまいます。

紫外線や加齢が原因で、大量にメラニンが作られたことによってできたシミなので、30代~40代にどんどん増えてきます。

若ければターンオーバーによってメラニンが排出されてシミも出来ないのですが、加齢によってターンオーバーが乱れますから、メラニン色素が沈着してシミになってしまうんです。

時間とともに濃くなる

最初は薄かったシミも、時間とともに濃くなっていきます。黒っぽく、境界線がはっきりしているのが特徴です。

出来やすい場所

顔だけでなく、手の甲、デコルテなど紫外線が当たりやすい場所にもできます。人によっては背中や二の腕などにも出来ます。

顔は、鼻や頬骨の高いところなど、紫外線が当たりやすいところによくできます。

顔以外は手入れを怠りがちな部分ですので、年齢が出やすい場所でもありますから注意が必要です!

何よりも予防!紫外線対策が大事

ある日鏡を見ていてふと「え!こんなところにシミが!」と気づいたりしませんか。

何とか隠したくなりますが、隠すよりも薄いうちに消す、それ以上作らないという方法を考えた方が良いでしょう。

薄ければ美白化粧品やサプリメントなどでも対処できる場合がありますが、濃くなってしまうとレーザー治療も視野に入れていく必要がありますね。

そうならないように日焼け止めはしっかり塗りましょう。

肝斑(かんぱん)

30代以降、多く見られるシミの一種です。

女性ホルモンが関係しているといわれているシミなので、妊娠や出産、更年期を契機に出てくることがあります。

もし肝斑が出来ても、閉経によって消えていくことが多いので、閉経後の女性にはあまり見られないシミです。

左右対称に出来る

薄い褐色で、目の周りを避けるようにほお骨に沿ってでき、左右対称に広がるのが特徴です。

ただし、額や口の周辺にできたり、左右で位置や大きさが異なる場合もあります。

そばかすと似ていますが、そばかすは比較的幼い頃から出てくるものであるのに対して、肝斑は大人になってから出てくるものです。

飲み薬での治療が主流

肝斑は、一般的なレーザー治療は出来ないとされていましたが、最近では、肝斑用の高性能な「レーザートーニング」という機器によって治療が出来るようになってきました。

市販薬でも肝斑に効くものが販売されているので、飲み薬でも対処が可能なシミです。

皮膚科では内服薬と外用薬を併用して治療をしていくのが主流のようです。市販薬を飲んでも変化が見られなかったら、皮膚科などで相談してみましょう。

紫外線対策は必須

原因は女性ホルモンであるとしても、他のシミと同じように紫外線を浴びることで悪化してしまいますので、日焼け止めはしっかり塗って紫外線を予防しましょう。

また、肌を摩擦するのもシミを濃くする原因になりますから、気をつけてください。

炎症後色素沈着

ニキビや傷、かぶれ、蚊に刺されなどによる炎症が治ったあとに生じる褐色のシミの種類です。

また、顔を拭く時のタオルによる摩擦や、目が痒くてゴシゴシこすってしまうときの摩擦なども色素沈着の原因になります。

顔以外にも出来やすい

原因が炎症や摩擦のため、年齢に関係なく、また、顔以外の部分(体全体)に生じる場合も。

だから、ニキビはいじっちゃいけないんですよ。あとになりますからね。小さな傷、やけどなども早めの治療が必要です。

摩擦を防ぎ、炎症を起こさないこと

出来るだけ肌に刺激を与えないこと、優しく扱うこと、そして炎症が起きたら早めに鎮めることが大切です。

特にニキビは、後として残ってしまうと消すまでにかなりの時間がかかります。

薄ければ美白化粧品などでも対処可能な場合がありますが、どうしても消したい色素沈着があれば、美容クリニックでのケミカルピーリングなども必要になってくるので、ニキビが出来たら即治療してください。

また、日々のスキンケアにも注意が必要です。何気なくこすってしまっていることが多いので、それも積もり積もれば立派なシミになります。

肌はこすらない!それを徹底してください。

雀卵斑(じゃくらんはん)

いわゆる「そばかす」といわれるシミです。

ウズラの卵の模様に似ていることからこの名前がついたといわれています。

ばかすは遺伝的要素が大きく、成長するにつれて自然と消えることが多いです。

しかし大人になっても消えない、もしくは大人になってからできたそばかすの場合は、紫外線や肌のターンオーバーの乱れによりメラニン色素を排出できていないなど違う原因が考えられます。

小さな薄いシミがたくさんできる

老人性色素斑はぽつっと出来ることが多いですが、雀卵斑は小さな薄茶色のシミが、鼻の周りや頬に広範囲にできるのが特徴です。

色白の人は特に出来やすい傾向にあります。

紫外線対策をしっかりする

遺伝性のそばかすの場合は、丁寧にケアしていくことで段々薄くしていくことも可能ですから、紫外線対策と肌に刺激を与えないことは必須です。

また、大人になってからのそばかすは消えにくいですから、それ以上濃くしないように美白ケアを徹底していきましょう。

脂漏性角化症

シミの角質化が進み、盛り上がっている状態のシミです。「老人性イボ」とも呼ばれます。

良性の腫瘍なので、化粧品では対処できませんし、放っておいても消えません。お年寄りによく見られ、顔以外の部分にも出ます。

盛り上がっているのが特徴

通常のシミは触っても段差はありませんが、脂漏性角化症は盛り上がっているので触ると違いが分かります。

紫外線を浴びることで悪化し、色が黒っぽくなったり大きくなったりするので、日焼け止めは必須です。

皮膚科や美容クリニックで治療

美白化粧品などでは治らないため、皮膚科などでレーザー治療を受ければ盛り上がっている部分を摂ることが出来ます。

その後に残るシミは、外用薬(ハイドロキノンなど)を使ってケアしていきます。

シミは種類を見分けることが大事!

シミの種類ごとに対処法が違うのはおわかりいただけたでしょうか。種類を見分ける方法を知っておけば、正しく対処することができますよね。

どのシミにも共通するのが紫外線対策と肌に刺激を与えないこと!

毎日日焼け止めはしっかり塗って、余計な摩擦を与えないように、丁寧なスキンケアを心がけていきたいものです。

<スポンサードリンク>



今週のおすすめ記事

1

気になる毛穴の黒ずみ。何とか解消したいですよね。 私はシワやシミよりも、毛穴の悩みの方が気になるんです。だから今、色々美容液を試しながら、毛穴ケアをしています。 毛穴の黒ずみには種類があるので、それに ...

2

毛穴の悩みはつきません。私は小鼻よりも、頬の毛穴の開きが気になって、ずっとその対策をしています。 まあ、加齢によって肌がたるみ、毛穴が開いてきてしまうということもあるので、完全に元に戻すのは難しいとし ...

シグナリフト 3

化粧品はついにここまできたか、という感じ。 幹細胞コスメには以前から注目していましたが、脂肪幹細胞を活用して肌本来の力を引き出すという、新しい美容液があるんです。 それがシグナリフト。実際に使ってみた ...

-40代のスキンケア
-,

Copyright© Aroma Beauty for 40's , 2018 All Rights Reserved.