40代のスキンケア

日焼けが悪化する食べ物?外出前に食べたらいけないものとは

2017/07/09

mikan5

「猛暑」という言葉は最近では当たり前になりました。30度くらいでは涼しいと感じることさえある日本の夏。30年くらい前は、夏はもっと涼しかったような・・・。

朝の7時台でもすでに30度を超える日も珍しくありませんね。こんな日はしっかり日焼け止めを塗って紫外線をカットしたいですが、肌自体がダメージに強くなるように細胞から鍛えていかないといけません。

そのためにはビタミンC、ビタミンEなどを積極的に摂りたいですが、中には日焼けが悪化してしまう食べ物があるのをご存知でしょうか?

<スポンサードリンク>



◆日焼けを悪化させてしまう食べ物とは?

日焼け止めを塗っておけば紫外線から肌を守れるかというとそうではありません。体の中からも”さびない”工夫が必要です。

そのためには、細胞を酸化させない、錆び付かせない「抗酸化作用」のあるものを積極的に摂りたいですね。抗酸化作用といえば、ビタミンCとビタミンEです。

ビタミンCというと「お肌にいい」というイメージは女性なら誰でも持っているかと思います。しかし、ちょっと注意が必要なんです。

というのも、例えばこれらの食べ物には、ビタミンCもたっぷりですが、「ソラレン」という成分が入っていて、これが日焼けにはよくないとされています。

  • レモンなどの柑橘類
  • きゅうり
  • セロリ
  • パセリ
  • シソ
  • 三つ葉
  • いちじく
  • キウイ
  • アセロラ

などは、肌に良いとされる野菜、果物ですが、ソラレンを含んでいるので「光毒性」があるのです。

光毒性とは、紫外線が当たると肌に炎症を起こしたりシミの元になったりする性質のことで、アロマテラピーで使うエッセンシャルオイル(精油)にも一部認められる働きなんですね。

だから、「レモンはお肌にいい!」と朝からたっぷりジュースを飲んで炎天下に外出すると、日焼けを助長してしまう可能性がある、ということです。

レモンだけでなく、オレンジ、グレープフルーツなども同様です。きゅうりとかセロリも意外なことに朝は食べない方がいいので、朝から生野菜のサラダやグリーンスムージーなどを摂ってる人は注意をした方がいいかもしれません。

紫外線て、メイクだけではカバーできないんですね。40代以降は肌のターンオーバーが遅くなって、1度シミが出来ると消えにくいですから、しっかり防いでいきたいものです。

◆では何をどう食べればいい?

とはいえ、ビタミンCは抗酸化作用だけでなく、美白作用も期待できる栄養素。ぜひとも摂りたいものですが、摂取する時間さえ気をつければ大丈夫です。

ソラレンは比較的代謝が早く、数時間でピークは過ぎるといわれているので、まずこれらの食品を朝食べるのはやめましょう

できればお昼も避けたほうがいいですね。ランチを食べてすぐだとまだ紫外線が強い時間帯です。夕方以降、夜なら安心です。

では朝はフルーツは食べられない?というと、そんなことはありません。ビタミンCやビタミンA、Eもバランスよく含まれているのが「いちご」。

いちごならソラレンを気にせずビタミン補給が出来ます。加工はせずに生のまま食べましょう。

◆紫外線には種類がある

紫外線には3つの種類があります。

  • 紫外線A波(UVA)
  • 紫外線B波(UVB)
  • 紫外線C波(UVC)

です。ただし、UVCは地上まで到達しないので、気をつけるのはUVAとUVBです。

紫外線B波は肌表面を攻撃して、”やけど”の状態を引き起こすもの。メラニンが増えて肌が黒くなります。

紫外線A波は肌の奥深くまで浸透するのでこちらの方が被害は深刻です。コラーゲンを破壊してしまうので、肌の弾力が失われ、深いシワの原因となります。

日焼け止めの「SPF値」は紫外線B波を、「PA」は紫外線A波を防ぐための指針となります。

SPF値が高いほど日焼け止め効果が高いのかと思いきや、そうではないんですね。数値が高い方が効果が高い、と思っていませんでしたか?私はそう思っていました。

これは日焼けが起きるまでの時間をどのくらい伸ばせるか、ということであり、日焼け止めとしての強さではないんです。

例えば、紫外線が当たって日焼けが起きるまでの時間が10分の人と20分の人がいたとして、その人がSPF値30の日焼け止めを使うとどうなるか。

10分×30=300分
20分×30=600分
と、日焼けが起きるまでの時間にこれだけ差ができる、ということです。

つまり、日焼け止めの効果は個人差があるということですね。

数値の高い日焼け止めはそれだけ肌に負担が大きいもの。それに朝塗って出かけても、汗をかけば落ちてしまうので、1日中効果が続くわけではありません。

肌に負担の少ないSPF値の低い日焼け止めをこまめに塗り直す方が効果的です。

でも、つい日焼け止めを塗り忘れてしまう人は、飲む日焼け止めで紫外線対策をしませんか?

朝飲むだけで1日紫外線をカット出来る「雪肌ドロップ」については、こちらの記事で詳しく説明しています。>「うっかり日焼けを防ぐ飲む日焼け止め【雪肌ドロップ】」

<スポンサードリンク>



-40代のスキンケア
-,