40代のスキンケア 健康食品

コラーゲンを食べると肌にいい?それとも効果がない?どっちがホント?

更新日:

コラーゲン 食べる 効果

コラーゲンは食べても意味がないという人もいれば、いやいや、それなりに効果があるという人もいて、専門家でも違うことを言うから迷ってしまいますよね。

結局、コラーゲンを食べて肌がキレイになるのかどうなのか、効果があるとしたら何をどのくらい食べればいいのかを知りたいところです。

<スポンサードリンク>



コラーゲンを含んだ食材を食べて肌に効果はあるの?

コラーゲン 食べる 効果

コラーゲンというと、

  • フカヒレ
  • 豚足
  • 鶏の手羽先

などが思い浮かぶと思います。たしかに、コラーゲンはたっぷりです。

でも、これらの食材を食べたからといって、コラーゲンがそのまま身体に吸収されて、肌のコラーゲンになるわけではありません。

食べた後はいったんアミノ酸に分解されて、身体の隅々まで運ばれて行きます。そこで、必要な分だけ必要な場所でまたコラーゲンとして生まれ変わります。

ただ、普通の食材のコラーゲンはとても分子が大きいため、実際にはあまり吸収されないといわれています。

分子が小さくないと吸収されない

食材から摂ったコラーゲンが全く無駄になるわけではありませんが、とても吸収されづらいです。

ですから、「コラーゲンペプチド」が配合された食品を選ぶといいと思います。

コラーゲンペプチドは分子の小さいコラーゲンだと思ってください。

お肉もいいけど、マシュマロなどもおすすめですよ。

翌日にお肌がプルプルになるってあり得る?

「昨日コラーゲン鍋を食べたからお肌がプルプルなの♪」なんてことを言っている人がいますが、それはあり得ないでしょう。

コラーゲンは身体の中に入ってから、一度アミノ酸に分解されてからコラーゲンに再生されるか、そもそも分解すらされず、吸収もされないと言っている専門家もいるくらいですから、コラーゲン鍋を食べたからといって翌日に肌がキレイになるなんてことはない。気のせいです。

継続して摂ることが大事

コラーゲンは長期的に摂っていかないといけません。

年齢とともに減っているということはためておけないのですから、日々の食事で継続して摂っていくことでお肌の状態が維持できるってことですね。

そう、「維持」です。今より劇的にキレイになるというよりは、それ以上シワやたるみが出来ないように維持することがまず目的になると思います。

コラーゲンドリンクやサプリメントはどうなの?

コラーゲン 食べる 効果

食事から摂るコラーゲンはなかなか吸収されづらいということを考えると、ドリンクやサプリメントの方が効果を実感できるのは早いのではないかと思います。

ただしここでも大事なのが分子の大きさ。いくらサプリメントの形にしたからって、分子が大きければ吸収されづらいのですから。

  • 低分子コラーゲン
  • コラーゲンペプチド

など、吸収しやすいものを選んでください。

コラーゲンの種類や他の成分にも注目

ドリンクやサプリメントに使われるコラーゲンの種類にも注目。動物だったらみなコラーゲンを持っているわけで、何のコラーゲンが使われているかということが大事です。

人の体内には28種類ものコラーゲンがあって、そのうち9種類が皮膚にあります。

魚や牛、鶏、豚などのコラーゲンがありますが、質はどれも同じです。

5000〜10000mgくらい必要

1日どのくらいのコラーゲンを摂ったら良いのか。こればっかりは個人差があるのですが、肌の衰え具合やキレイなりたい度も人によって違いますよね。

一応、目安としては5000〜10000mgくらい摂れればいいとされています。

サプリやドリンクによって配合量が違いますし、配合量によって当然お値段も変わってくるので、自分が必要とするものを選んでください。

>>贅沢な美容実感ドリンク【HyaCollaCenta とろり】

コラーゲンを有効利用するための上手な摂り方

コラーゲン単体では実はとても働きにくい。

コラーゲンを作るにはビタミンCが欠かせないので、例えば毎日フカヒレを食べたからといって、ビタミン不足になっていたらコラーゲンは作られないわけです。

ビタミンCも一緒に摂ろう

鮭とか鶏皮などをコラーゲン摂取のために摂るんだったら、ビタミンCも一緒に摂りましょう。

果物を食べてもいいしジュースでもいいです。

食べれば食べるほどいい?

コラーゲンは摂れば摂るほどいいんじゃない?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。結局吸収しきれなかったものは無駄になるのですし、栄養はバランス良く摂ってこそ効果を発揮するものです。

コラーゲンだけにこだわらず、ビタミンやミネラルなど幅広く栄養を摂らないと肌はキレイになりません。

たんぱく質を一緒に摂って髪も爪もキレイになる

コラーゲンばかりに目を向けないで、タンパク質も一緒に摂るようにしてください。

タンパク質が足りないと新しいコラーゲンが分解、合成がうまくいきません。コラーゲンだけにこだわらず、タンパク質を一緒に摂ることで効果がアップするんです。

  • 赤身の肉
  • 皮が厚い魚

などにはコラーゲンとタンパク質、両方が含まれていますよ。

これらを毎日食べるようにすれば、肌だけでなく髪や爪もキレイになるはずです。

コラーゲン以外のものと上手に組み合わせて40代からも美肌を作ろう

コラーゲンはたんぱく質の一種ですし、皮膚だけに使われているわけではないので、コラーゲンの効果=美肌効果、だけではないということはわかりました。

考えてみればそうですよね。まあ、すべてが肌に使われるわけではないにしても、他の臓器や関節にも使われるのですから、食べて悪いことはなさそうです。

ただ、コラーゲンさえてとれば肌がキレイになるというものでもない。

コラーゲンと他の食材、栄養素を上手に組み合わせて10年後も衰えを知らない肌を作りたいですね。

<スポンサードリンク>







今週のおすすめ記事

ノブ3 1

  もともと肌が弱いので、季節の変わり目や生理の前後などに肌の調子が悪くなることがあります。 それ以外にも、疲れている時とか、ストレスがたまっている時などは肌が弱ってるなあと感じる時がありま ...

Akinローズヒップオイル 2

今日ご紹介するのは、オーストラリア生まれのボタニカルブランド、【A’kin】(エイキン)のローズヒップオイルです。 植物原料にこだわり、動物性の副産物(はちみつなど)も一切使わないという、100%ビー ...

コディナ トライアルセット 3

使ってみたかったコディナのトライアルセット、ようやく注文しました。 100%ピュアなアルガンオイルを始め、アルガンオイルやセサミオイルなどエイジングケアに良いとされる植物オイルをふんだんに使った基礎化 ...

ポリッシュオイル 4

私はオイルマニアです。オイル美容が大好きで、ホホバオイルやアルガンオイルなどをいくつか常備しています。 色々ブレンドされたオイルも好きで、今回友達に勧められて使ってみたのがN.(エヌドット)のポリッシ ...

-40代のスキンケア, 健康食品
-

Copyright© Aroma Beauty for 40's , 2018 All Rights Reserved.