40代のスキンケア

化粧水が浸透しない40代の肌。浸透力をアップさせる4つの方法

更新日:

40代になって肌の乾燥がひどくなった、肌がゴワゴワしてちっとも化粧水が浸透しない、とお悩みではありませんか。

肌がゴワゴワしてしっとりしないのは、古い角質がたまって厚くなっているから。

それなのに40代の肌は乾燥して、肌のバリア機能も低下しているために水分を保持できなくなっています。

水分が足りなければ化粧水が浸透していきそうなものですが、ゴワゴワした肌ではなかなか角質層に浸透しないんですね。

肌を柔らかくしてふっくらさせるにはどうすればいいか、肌がガサガサだった私が実践してきたことをお伝えします。

<スポンサードリンク>



化粧水を浸透させるための4つの方法

原因から考えると、

  • 古い角質を落とす
  • 角質層を潤して肌の水分量を上げる

ということができればいい、ということになります。そのために出来ることが4つあります。

古い角質を落とす

まずはたまっている古い角質を落としましょう。やり過ぎはよくありませんが、週に1回くらいのケアなら大丈夫です。

  • ピーリング石鹸
  • ピーリングジェル
  • 酵素洗顔
  • クレイ洗顔

などで、古い角質をケアします。

私は「ガスール」というクレイを使っています。

ナイアード ガスール固形(タブレット)タイプ 500g

新品価格
¥1,720から
(2018/2/6 21:00時点)

顔だけでなく身体も洗えますし、固形タイプだから使いたい分だけぬるま湯に溶かして使えるので便利です。

正しい洗顔をする

せっかく古い角質を落としても、またたまるようなことをしていたらだめですよね。

肌に刺激を与えると、肌を守ろうとして角質が厚くなることがあります。

  • 顔をゴシゴシ洗っている
  • 熱いお湯で顔を洗っている

など、強引な洗顔をしていませんか。

洗顔はちょっと物足りないと思うくらいで肌にはちょうど良いのです。とにかく優しく洗う。

◆正しい洗顔方法

  1. 顔をぬるま湯で濡らします。
  2. たっぷりの泡を立てて、Tゾーンに乗せます。
  3. それから頬、目の周りの順で泡を乗せます。
  4. 泡を転がすようにして洗います。洗う時間は1分くらいで十分です。
  5. やさしく洗い流します。
  6. 水分を吸い取るようにしてタオルで拭きます。こすってはいけません。

洗うときに大事なのは、熱いお湯を使わないということと、こすらないこと。

手が肌に触れないくらい泡を立ててください。

お湯はちょっと冷たいなと感じるくらい、体温よりも低い温度がいいです。

やさしく、丁寧に洗う。それだけでも肌は変わってきますよ。

保湿成分にこだわる

角質層に水分を補うには、「水」ではだめで、

  • セラミド
  • アミノ酸

など、肌に元々ある成分を補ってあげることが大事ですよ。

化粧水を選ぶときは、保湿成分にこだわりましょう。

ちなみに、日本酒や酒粕を使った化粧水はアミノ酸がたっぷり。美白効果も期待できるので、是非使ってみて欲しいです。

補った水分が蒸発しないようにする

せっかく角質層に補った水分が蒸発していかないように、適度な油分で蓋をします。

健康な肌なら、汗と皮脂が混ざって皮脂膜を作ります。皮脂膜は天然のクリームとも呼ばれていて、肌の潤いを保つには欠かせないもの。

しかし、40代の肌は乾燥して皮脂膜も少ないので、ほんの少しだけ油分で蓋をしてあげることが必要です。

私がおすすめしているのは、クリームよりも天然の植物オイル。

余計な界面活性剤が入っていませんし、ビタミンなど肌に嬉しい栄養素もたっぷりだからです。

肌質を選ばず使えるホホバオイルやアンチエイジングによいアルガンオイルがおすすめですが、自分の好みのいるなら何でもOKです。

健康な肌に化粧水は浸透しないというが・・・

美白

そもそも化粧水は肌に浸透しないという記事もインターネット上ではよく見かけます。

たしかに、キメの整った10代の肌は水分がたっぷりでプリプリ。水をはじきますよね。

しかし、角質層にある細胞間脂質や潤いを保つ天然保湿因子(NMF)は年齢とともに減少します。

だから肌がごわつくし、乾燥してくるんです。化粧水はそれを補うために必要です。

肌のバリア機能を高めるために化粧水を使う

そもそも化粧品は肌の一番上、角質層までしか浸透しません。それ以上は水分が身体に入っていかないようになっています。

ただ、角質層のキメを整えておかないと外部刺激に弱くなり、肌荒れやかゆみなどが起きやすくなります。

水分も保持できなくなって、カサカサになってしまう。

それを防ぐために、40代の肌には保湿力の高い化粧水と蓋をして水分を逃がさないための油分が必要なのです。

肌は必ず生まれ変わります

化粧水 浸透しない

加齢による衰えはもちろんあるものの、時間をかけてスキンケアをしてきたおかげで、私の肌は20代の頃よりも今の40代の方がずっと健康です。

化粧水も、いい意味で浸透しなくなりました。

基本は乾燥肌ですから、保湿は徹底していますけれど、ガサガサ、ごわごわということはなくなりました。

時間はかかっても、40代からでも肌は生まれ変わります。大事なのは今日からすぐにできることを始める、ということだと思います。

肌は生きていますから、正しいスキンケアをしてあげれば必ず健康になります。

むしろ、加齢によって衰えている肌こそ、しっかりケアしてあげないといけませんよね。

鏡を見るのが楽しくなるように、今日からでも出来ることをやってみてください。肌は必ず生まれ変わります。

<スポンサードリンク>






今週のおすすめ記事

ナチュラルオーケストラ 1

気になる小鼻の黒ずみ、ブツブツ。ケアするならホホバオイルを使ってみませんか。 というのも、私がホホバオイルを使ってみて、小鼻の黒ずみが気にならなくなったからです。 いつもの洗顔の前にホホバオイルをプラ ...

ハトムギ化粧水 2

私は乾燥肌なので、化粧水はしっとりタイプ、保湿タイプを使っていることが多いですが、流石に夏になると冬と同じ化粧水では重く感じることがあります。 夏でも使いやすい、さっぱりしているけど保湿はちゃんとでき ...

アテニアクレンジング 3

肌のくすみをなんとかしたいと思ったら、クレンジングから見直します。 ただメイクを落とすだけじゃない、くすみの原因となる「肌ステイン」まで落としてくれる、クレンジングオイルです。 肌のくすみが気になる ...

アルガンオイル ニキビ 4

ニキビがある時はオイルを使わないほうがいいと言われますが、実際どうなんでしょうか。 それは、ニキビの状態にもよるし、肌の状態にもよるので、一概には言えないです。 皮脂が出まくる10代の思春期ニキビだっ ...

5

トライアルセットってたくさんあるから迷ってしまう!という方も多いと思いますが、やっぱりお得でいいですよ、トライアルセットって。 今回は、私が実際に使ってみて良かったのでおすすめしたいなと思ったものと、 ...

-40代のスキンケア
-,

Copyright© Aroma Beauty for 40's〜アロマビューティー〜 , 2019 All Rights Reserved.