40代におすすめの食材

チョコレートを食べてキレイになろう!カカオポリフェノールの効果でアンチエイジング

2017/04/20

チョコレート カカオ

私はチョコレートが大好きなんですが、好きな物を食べてキレイになれたら嬉しいと思いませんか?

チョコレートの原料であるカカオ豆に含まれているカカオ豆にもカカオポリフェノールという栄養素が含まれていて、このポリフェノールがエイジングケアに役立つんです。

チョコレートやココアでエイジングケアが出来たらいいですよね。

いくらお肌にいいと言われても、好きじゃないものを食べていたらきっとキレイにはなれないと思うんですよ。朝食がグリーンスムージーだけなんて耐えられないし。がまんて、ストレスの元でしょう。我慢しながらはキレイになれない。

だから、美味しいもの、好きなものでキレイになれたらこんなに楽しいことはありませんね。

<スポンサードリンク>



カカオポリフェノールの美容効果

しわやたるみを予防するには、化粧品も大事だけれど、やっぱり食べるものが大事。私たちの肌は食べた物で出来ているからです。

40代になるとどんどん細胞が酸化していきますから、いかにして身体を錆び付かせないかということを考えていかないと!

活性酸素の除去

活性酸素自体は本来必要なもので、悪いものではないのです。吸った空気の2%は活性酸素になりますし、ウィルスなど外敵から体を守る働きがあります。

ところが増えすぎると細胞膜にあるリン脂質を酸化させてしまうという、体にとって良くない働きが出てしまうんです。

リン脂質が酸化すると細胞にダメージが!これがシミ、しわなどの老化現象の原因になります。

カカオポリフェノールには活性酸素を除去して細胞を酸化から守る働きがあるので、エイジングケアに役立つんです。

金属をほったらかしにしていると錆びますよね。細胞があんな風に錆びれば、キレイな肌なんて維持できないなと思います。

年齢である程度衰えていくのは仕方がないとしても、少しでもそれを緩やかにしていきたい。そのためには、酸化を予防するってとても大切です。

酸化を防ぐことは、もちろんたるみの予防にもなりますから、ほうれい線とか目の下のたるみが気になる人も取り入れてみてください。

カカオポリフェノールの摂取量は?

では、1日どのくらい取れば美容に効果があるのか、1日200〜500mgくらい取るといいといわれています。

チョコレートだと5〜10g(1〜2片)くらいでいいのですが、ビターチョコレートでないと意味がありません。甘いミルクチョコレートだと糖分摂り過ぎで太りますからね。

ココアを飲むなら純ココア1杯で200mgのポリフェノールを摂ることが出来ます。さすがに純ココアだけだと苦いので蜂蜜かオリゴ糖を入れるといいですね。

ちなみにホワイトチョコレートにはカカオポリフェノールがほとんど含まれていないので、ビターチョコレートを食べてください。

でも、チョコレートってニキビの元にならない?と心配な方はこちらの記事も参考にしてください。
「チョコレートで肌荒れする?チョコレート大好きなんだけど。」

美味しいビターチョコレートを食べよう

ビターは苦い?美味しくない?いえいえ、本当に質のいいカカオは香りが良くて、苦味が少ないです。だまされたと思って食べてみて!

▼このチョコレートは、2017年のサロン・デュ・ショコラで初めて買ったのですが、本当に美味しいです。数ヶ月かけて、ちびちび食べました。コーヒーや紅茶との相性も抜群です。

しかも、ちょっと高級なチョコレートを買っても、1日に食べるのはほんの数片だからずいぶん持ちます。

しかも冷蔵庫に入れておけばチョコレートってほぼ腐らないでしょう。

おいしいチョコレートを買って、1日少しずつ、美味しい紅茶やコーヒーと一緒に楽しみながら美容にも役立てるって、ものすごく幸せ。チョコレート好きなら、こんな素晴らしいおやつはありません。

他にもあるカカオポリフェノールの健康効果

美容以外にも様々な健康効果があるので、摂取量さえ守れば、カカオポリフェノールを含んだチョコレートは健康食品だといえますね。

  • 動脈硬化予防
  • 抗ストレス効果
  • 血圧低下
  • アレルギーの改善
  • 脳の活性化
  • 便秘の改善

これらの効果については、また別の記事で詳しくお話ししますね。

<スポンサードリンク>



-40代におすすめの食材
-, ,