40代のスキンケア

年齢肌を改善できるウトビラー・スパトラウバーってなに!?

2017/05/18

りんご 幹細胞

ウトビラー・スパトラウバーって、ウーパー・ルーパーみたいな名前ですけど、何だか知ってます?

これは4ヶ月腐らないといわれる希少品種のリンゴの名前。このリンゴからとられた植物幹細胞を人工培養して増やし、その細胞から抽出したエキスを使った化粧品があるんです。




幹細胞ってそもそも何?

私たちの身体は60兆個もの細胞から出来ています。種類は200以上もあるのですが、例えば皮膚なら皮膚、神経なら神経と、それぞれ違った役割の細胞があるんですね。

でも、生まれる前は元々一つの受精卵から命が始まりました。つまり、最初はたった一つの細胞だった。そこから60兆もの細胞に分化していきました。

今でも、特定の役割を持たず様々な体の器官に分化するための細胞というものがあります。それが幹細胞。造血幹細胞や神経幹細胞などがあります。

これらは成体幹細胞とよばれるもので、他にも受精卵から作られるES細胞、皮膚から取り出した細胞に特定の遺伝子を入れてあらゆる細胞に分化できるiPS細胞などがあります。

肝細胞の種類についてはこちらの記事も参考にしてください>「幹細胞コスメの種類~40代の肌に合っているのはどれ?」

リンゴの幹細胞でアンチエイジング?

そこでこのリンゴ幹細胞の登場です。4ヶ月も腐らないという、驚異のアンチエイジング力をもつウトビラー・スパトラウバー。

なぜこのリンゴの幹細胞が肌に良いのかというと、体内で人の幹細胞と似た働きをするから。

つまり、皮膚の細胞を作り出すための大元の細胞と同じような働きをするから、肌のターンオーバーを促進する促進するサポートが出来るというわけ。

リンゴ幹細胞の肌への効果

リンゴ幹細胞のパワーには、

  • 幹細胞能力の維持
  • 幹細胞への紫外線ダメージを防御
  • 老化を遅らせる
  • しわを予防する

などがあり、アンチエイジングに役立つのです。

表皮にも表皮幹細胞があり、この働きが弱ってしまうとターンオーバーが乱れて、くすみやシミ、しわなどの肌トラブルの原因になります。

リンゴ幹細胞は主に表皮幹細胞に働きかけるので、肌のターンオーバーを促進して肌のバリア機能を高めてしわなどの予防に役立つとされているんですよ。

つまり、リンゴ幹細胞には、これらの大元の細胞に働きかけて美肌成分を作り出したり、肌の新陳代謝を促進することで肌をきれいにしていくという働きがあるわけ。

外側から水分だけ補給するんじゃなくて、細胞自体を元気にすればお肌の再生が出来るでしょう?




4つの美肌成分でさらに美しく

そんなリンゴ幹細胞由来のエキスを配合したのがエイジングケアクリームSkinFairy(スキンフェアリー)これ一つですべてのケアが出来てしまうという優れものです。

リンゴ幹細胞以外にも4つの美肌成分が配合されています。

プラセンタ
胎盤に含まれる美肌成分。細胞を活性化させてしわを改善します。

スクワラン
深海ザメの肝油からとられる保湿成分。皮脂膜を整えて肌を保湿します。

加水分解コラーゲン
40代になると急激に劣化するコラーゲン。肌のハリを維持します。

ヒアルロン酸Na
わずか1gで6リットルもの水分を保持できます。肌の潤いに欠かせない成分。

使い方は簡単、4ステップ。

  1. 洗顔後、スッピンのまま適量を頬、顎、額にのせます。(朝はパール2粒、夜はサクランボ1粒が目安)
  2. 顔の内側から外側に向かって優しく伸ばします。
  3. 全体に伸ばしたらハンドプレスをしてなじませます。
  4. 余ったら首筋などにも伸ばします。

手の平で顔を包み込むようにして温めるのがポイント!浸透が良くなって,吸い付くような肌に。


価格:4000円→定期購入で2980円(2回目から解約OK)
容量:100g(約1ヶ月分)

-40代のスキンケア
-