オイル美容

オイル美容で全身キレイに!スキンケア&ヘアケアにオススメのオイル

2017/09/17

オイル美容には興味があるんだけど、種類が多すぎてどんなオイルを使ったいいのか分からないという方のために、アロマコンサルタントでもある私がオススメのオイルを紹介したいと思います。

植物オイルはアロマテラピーでも使いますが、顔はもちろん、髪にも身体にも使えます。

1本あれば全身のケアが出来る優れものなのです。

<スポンサードリンク>



ホホバオイル

ホホバ

私のイチオシはホホバオイル。それはなぜか。肌質を選ばないからです。

そして、その浸透力の素晴らしさ。オイルなのにさらっと馴染んでべたつかない!

しかも、オイルは酸化するとイヤな臭いがしたりしますが、ホホバオイルは半永久的に腐らないといわれるほど安定したオイルなんです。

厳密に言うとホホバオイルは油ではなくて、ロウエステル(ワックスエステル)という物質なので食べることは出来ません。

しかし保湿はもちろん、ニキビケアやヘアケアなど全身のケアに使えるので、1本あるととても便利なオイルです。

ホホバオイルの素晴らしさは何度もお伝えしています。こちらの記事も参考にどうぞ。


このロウエステルという成分は私たちの角質層にも含まれている成分なので、馴染みがいいんですね。

浸透力、保湿力、ともにオイルの中では群を抜いていると思います。

こちらではオススメのホホバオイルもご紹介しています。

▼美容液、パックの用にスペシャルケアとして使ってみたい人

▼お手頃価格で普段使いしたい人

 

アルガンオイル

 

アルガンツリー アルガンオイル

アンチエイジングといったらアルガンオイルですね。

年齢肌のお悩みにはアルガンオイルをおすすめしています。ビタミンやポリフェノールが豊富で、年齢肌には最適なオイルです。

ホホバオイルは食べられませんが、アルガンオイルは食用もあるので、身体の内側からもスキンケアが出来てしまう素晴らしいオイルです。

保湿効果も高いし、使うほどに肌のキメが整ってきます。肌はもちろん、髪にも頭皮にも身体にも、全身使えますよ。

アルガンオイルについてはこちらでも詳しくご紹介しています。

マカデミアナッツオイル

マカデミアナッツオイルはその名の通り、マカデミアナッツから採れるオイル。ハワイのお土産のチョコレートによく入っているナッツです。

マカデミアナッツオイルも肌質を選ばずに使えるオイルです。ほぼ無臭で、さらっと馴染みが良く、肌を柔らかく保ちます。

スキンケアはもちろん、アロマのトリートメントでもよく使われますよ。

人の皮脂にも含まれるパルミトレイン酸を含んでいるのでとても馴染みの良いオイルで、乾燥肌や年齢を感じはめたお肌にオススメです。

ローズヒップオイル

ローズヒップ

乾燥肌にはローズヒップオイルがおすすめです!これは本当に、肌がふっくらするのを実感できるオイル。「ビタミンCの爆弾」と呼ばれる、ドッグローズの実から採れるオイルです。

肌を柔らかくし、しっとり&ふっくらさせてくれるんです。乾燥肌で肌がしぼみがち・・・という人に是非使ってみて欲しい!しわ予防にもオススメです。

酸化しやすいのがデメリットですが、小さなサイズで買えば大丈夫ですよ。

ローズヒップオイルの使い方はこちらの記事も参考にしてください。

スイートアーモンドオイル

アーモンドの実を常温絞りしたオイルで、とてもさらっとしているのが特徴です。ビタミンB類、特にB1が豊富で、肌を保護して柔らかくする作用があります。

日焼けした肌の炎症を鎮めたり、乾燥によるかゆみを抑える働きもあるので、ラベンダーのアロマオイルと一緒に使うと、優れたスキンケアオイルになりますね。

オリーブオイル

オリーブオイル

オリーブオイルを知らない人はいないでしょう。食べても美味しいオリーブオイルはスキンケアにもオススメのオイルです。

オレイン酸を主成分とし、ビタミンEも含まれているので酸化しにくいオイルです。毛穴が気になる人、肌が荒れがちな人のケアにオススメです。

食用のオイル、特にエクストラヴァージンオイルは栄養はたっぷりですが、不純物も含まれているので(食べるにはもちろん問題ありません)、肌には刺激になることも。

ですから、できればスキンケア用のオイルを使った方がいいでしょう。

ココナッツオイル

ココナッツの実から採れるオイルで、常温では固体です。肌に使う時は手の平で温めて、溶かしてから使います。

ココナッツ特有のほんのり甘い香りのするオイルです。

皮膚の保護作用に優れていますが、ヘアケアにもよく使われます。アロマオイルと混ぜてヘアパックに使うのもオススメです。

セサミオイル(ごま油)

セサミオイル ごま油

セサミオイルはアーユルヴェーダでも使われますが、よく料理に使われる茶色のごま油ではなく、無色透明の焙煎していないものを使います。

焙煎していないので、あのごま油特有の香ばしい香りはなく、無味無臭です。

リノール酸が多いのに抗酸化作用の高いセサモールを含んでいるため、とても酸化しにくいオイルです。貴金属を体外に排出するという特徴があります。

もちろん肌の保湿効果にも優れているので、乾燥肌の肩にオススメです。

イブニングプリムローズ油(月見草油)

月見草油 イブニングプリムローズ油

月見草の種から採れるオイルです。リノール酸という不飽和脂肪酸が多いため、とても酸化しやすいオイルです。ですから一度にたくさん買わない方がいいオイル。

単品で使うよりは、他の安定したオイルに10%程度混ぜて使います。

保湿作用と抗炎症作用に優れているので、乾燥肌はもちろん、年齢肌や肌荒れが気になる人にもオススメのオイルです。

ウィートジャームオイル(小麦胚芽油)

小麦胚芽油 ウィートジャームオイル

小麦の胚芽を常温絞りしたオイルです。リノール酸が主成分ですが、ビタミンEを豊富に含むので、他のオイルの酸化防止によく使われます。

他のオイルに10%程度混ぜて使うことが多いです。

保湿効果に優れていますが、小麦アレルギーの人はパッチテストが必要です。

グレープシードオイル

グレープシードオイル

葡萄の実ではなくて種を絞って採るオイルです。通常オイルは常温絞りがいいといわれますが、グレープシードオイルは高温絞り。

その理由は、葡萄の種には13%程しか油が含まれていないため、加熱しないとオイルが取れないためです。

ビタミンEを含むので酸化しにくく、とてもさらっとしたオイルです。オイルの感触はスイートアーモンドオイルに似ていると思います。

カメリアオイル(椿油)

椿油 カメリアオイル

椿の実から採れるオイル。ヘアケアによく使われますが、オレイン酸を主成分とし、肌にもとても馴染みの良いオイルです。

一番搾りは特有の香りがありますが、保湿効果も高いですし、穏やかなサンスクリーン効果もあるオイルです。

椿油の髪への使い方はこちらもご覧ください。

アプリコットカーネルオイル(あんず油・杏仁油)

あんず油 アプリコットカーネルオイル

杏仁油とも呼ばれます。中国では古くから使われてきたオイルで、アプリコットの種から採られるオイルです。

採油量が少ないのでやや高価なオイルですね。

オレイン酸を主成分とし、保湿力に優れているので肌にはもちろんいいのですが、椿油と並んでヘアケアによく使われるオイルです。

アプリコットカーネルオイルはイボにいいといわれていますね。肌を柔らかくする作用がイボに効くのでしょうか。

ヘーゼルナッツオイル

ヘーゼルナッツオイル

マカデミアナッツオイルよりも豊富なパルミトレイン酸を含み、肌の柔らかくする作用に優れています。

血管や肌を丈夫にし、老化を防ぐ働きもあるので、肌のハリが欲しい人にはオススメのオイルです。

オイル美容で全身乾燥知らず!

植物オイル オイル美容

オイルで保湿は出来ない、なんて書いてある記事を見かけることもあるんですけど、どうしてそうなるかなあと思います。

セラミドなどが含まれた保湿効果の高い化粧水と質の良いオイルの相性は抜群で、使うほどに肌が内側から健康になっていくのが実感できると思います。

私は実際、オイルを使いだしてからニキビなどの肌トラブルはなくなりましたし、乾燥も落ち着きました。昔は夏でもファンデーションが粉を吹くほどのひどい乾燥肌だったんですよ。

それが今や最低限のスキンケアで大丈夫になりました。メイクを落とすのにもドライヤーをかける前の髪の保護にもオイルを使っています。

是非皆さんも、自分の肌や髪にあったオイルを見つけて、乾燥や肌の悩みにさよならして欲しいと思います。

<スポンサードリンク>



-オイル美容
-,