アンチエイジング

40代の肌に使うべきプラセンタの種類や選び方

プラセンタエキス 種類
40代のアンチエイジングに是非使って欲しいプラセンタエキスですが、原料の種類が様々で、どれが一番いいの?と迷っている人も多いと思います。

種類によって値段も変わってきますし、それぞれ特徴があるので自分にあったものを選びたいですよね。

そこで今回は様々なプラセンタの種類や、40代の肌におすすめのプラセンタの選び方についてご紹介します。

<スポンサードリンク>



プラセンタの種類を知ろう!

プラセンタ 種類

プラセンタエキスというのは、胎盤から採れたエキスのこと。胎盤そのものではありませんので安心してください。

何の胎盤から採れたものなのか、ということで種類が分かれています。

  • 動物由来プラセンタエキス
  • ヒト由来プラセンタエキス
  • 植物由来プラセンタエキス

の3つがあります。

それぞれの効果についてはこちらの記事も参考にしてください。

馬プラセンタエキス

馬プラセンタエキスは少々高価です。とういうのも、馬は1年に1回しか子ども生まないから。

出産回数が少ないということは採れる胎盤も少ないからですね。

ただ、安全性はピカイチですよ。というのも、日本で使われている馬プラセンタエキスはサラブレッドのものが多いのですが、すべて身元がしっかり確認されている馬。

おかしな混ざり物などの心配がないので、高価でも安全なものを使いたい人におすすめです。

豚プラセンタエキス

化粧品として一番ポピュラーなのは豚プラセンタエキスです。豚は年に2回出産しますし、1回に生む子豚の数も多いので、胎盤がたくさん採れるからです。

プラセンタエキスといえば豚が使われいてることが多いです。

では豚なら何でもいいのかというとそんなことはありません。抗生物質などを与えられずに、しっかり管理された環境で育てられた豚でないと安心できませんよね

スーパーなどでも見かけますが「SPF豚」は日本SPF豚協会の厳しい基準によって育てられた豚なので、品質は確かでしょう。

羊プラセンタエキス

日本ではあまりメジャーではないのですが、海外では人気のある羊プラセンタエキス。

狂牛病の問題が起きてから、日本では羊由来の原料には制限がかかってしまっているためにあまり使われていないのです。命にか関わることですからまあ仕方がないですね。

羊にも伝染病があるためですが、人には感染しないといわれているものの、万が一のことがあってはいけないので、ごく限られた羊しか使われていないのです。

ですから絶対的な流通量が少なくて、あまり手に入りません。

ヒトプラセンタエキス

ヒトのプラセンタエキスは、一番美容効果としては高いですし、安全面でも問題ないのですが、化粧品としては使うことが出来ません。ヒトプラセンタエキスは医薬品です。

美容クリニックなどで、「プラセンタ注射」として打ってもらうことで体内に取り込みます。

プラセンタエキスを注射した人は献血が出来なくなるなどのデメリットもあるので、美容のことだけでなく、将来のことも考えて受ける必要がありますね。

植物性プラセンタエキス

「植物性プラセンタエキス配合」などと書いてある場合がありますが、厳密にいうとプラセンタではありません。

というのも、植物には胎盤がないからです。ではなぜ「プラセンタ」といっているのか、それは植物にある「胎座」と呼ばれる部分を使っているからです。

分かりやすい例でいうと、メロンの種の周りの果肉じゃない、柔らかい部分がありますよね。

種の発芽を促すための栄養が詰まっている部分で、ここのエキスを使ったものが植物性プラセンタエキスになります。

海洋性プラセンタエキス

魚には胎盤がないため、これも厳密にいうとプラセンタではないのですが、卵巣膜という卵を包んでいる薄皮を使ったものが海洋性プラセンタエキスです。

卵を無事に拭かさせるために、アミノ酸などの栄養素がたっぷり含まれているので、植物性プラセンタエキスと同じような使い方が出来ます。

40代の肌におすすめのプラセンタは?

プラセンタ 種類

プラセンタエキスを使う方法としては、

  • 化粧品
  • サプリメント
  • 注射

の3つがあります。

さてどれが効果的なのか、選び方としては次のことを考えてみましょう。

価格と効果のバランス

効果があっても高すぎては続かない。でもある程度の効果は期待したい。というと、やはり豚プラセンタエキスから始めてみるのがいいでしょう。

価格でいうと植物性プラセンタエキスの方がか安いかもしれませんが、美容効果を期待するなら動物性プラセンタエキスの方がいいと思います。

サプリメントと化粧品では?

サプリメントと化粧品、どちらが効果が高いかというと、それはどんなメーカーのどんな製品を選ぶか、ということによって違ってきます。

医薬品であれば臨床試験も行われていて、安全性が一応確保されていますが、サプリメントは健康食品です。

どれほどの効果があるのか、エビデンスがしっかりしているものを選ばないと、お金ばっかりかかって効果を実感できないことも。

また化粧品もどのような品質のプラセンタエキスを使っているのか、どのように製造されているのかなど、安全性を確かめる必要があります。

その上で、ある程度の期間続けてみないと分からないでしょう。

サプリメントだと飲み忘れてしまうという人は化粧品の方が続けやすいかもしれないですし、外側からだけではなく身体の内側からもケアしたいという人は、ドリンクタイプのプラセンタエキスなどを使うと効果を実感しやすいと思います。

サプリメントは選び方が難しい

サプリメントで重要なのが配合量。プラセンタエキスがどのくらい含まれているか、表示されている数字だけで比較してはいけません。

「プラセンタエキス○○mg配合」と欠かれているわけですが、それが水を加えて抽出したエキスなのか、それとも乾燥させて濃縮させた原末なのかで、濃度が全く違うわけです。

だから、「10,000mg」と「200mg」、断然10,000mgの方がいい!と思いがちですが、200mgが原末ならば、それほど違いない場合も。

どのような抽出法で、どのくらいの濃度の表示なのかということをしっかり見て比較してください。

高価でもやっぱり使ってみたいプラセンタ

プラセンタ 種類

サプリメントも化粧品もプラセンタエキス高配合だとやっぱり少しお高いですが、肌のハリとかたるみが気になる40代としては1度は使ってみたいですね。

40代ともなると肌のターンオーバーに時間がかかります。

それだけ化粧品やサプリメントの効果を実感するのにも時間がかかりますから、自分のお財布と相談しながら、2〜3ヶ月は続けていけるものを選びたいものです。

<スポンサードリンク>



-アンチエイジング
-, ,