オイル美容

アルガンオイルの精製、未精製の違いとは

更新日:

マンデイムーンアルガンオイル

アルガンオイルを選ぶときに、「精製」「未精製」という表示を目にすることがあると思います。

  • 未精製:アルガンオイルを絞ったそのまんま
  • 精製:高温での脱臭などの工程を経たもの

このような違いがあるのですが、どちらが良いか。それは肌質と好みによります。

<スポンサードリンク>



アルガンオイルの精製、未精製の違い、それぞれの良さ

私は断然、未精製オイルなのですが、人によっては精製オイルの方が使いやすいかもしれません。

未精製のアルガンオイルは美しい黄金色をしていますが、精製オイルは透明です。

未精製オイルのメリット

  • アルガンオイルの栄養分がそのまま残っている
  • 自然な香りがする

なんといっても栄養価が高いということが最大のメリットです。

濾過するだけで何も手を加えていないので、アルガンオイルが持っている栄養素がそのまま残っています。

ビタミンEだとかお肌に良い成分をそのまま取り込みたいなら、断然未精製です。

未精製オイルのデメリット

デメリットがあるとすれば、まず香り。

天然のオイルの香りがいいと思うか、気になるかというところです。

アルガンオイルは干し草のような自然な香りがするので私は好きですが、この香りが良くないと感じる人もいると思います。

また、不純物などはしっかり取り除かれてはいますが、栄養価の高さゆえ、敏感肌の人は合わない場合もあります。

これはアルガンオイルに限ったことではないですが、未精製オイルで刺激を感じることもある、と覚えておくといいでしょう。

また、価格は比較的高めです。

精製オイルのメリット

  • においがない
  • 色もない
  • 酸化しにくい
  • 価格が安め

精製オイルはにおいません。

オイル独特の香りが苦手な人は、精製オイルの方が向いています。

敏感肌で刺激が心配、という人も精製オイルから入ってみてください

また、化粧品の原料として使う場合は安定しているので変質しにくい、というメリットがあるんです。

精製オイルのデメリット

やっぱり、栄養価ですよね。

せっかくのオイルの栄養価が、精製の過程で失われてしまう。

これはもったいないと思います。

栄養価の高さで選ぶか、使いやすさで選ぶか

管理人
アルガンオイルの未精製と精製どちらがいいか、これは好みです。

どちらにも良さがありますから。

私はアルガンオイルの黄金色と自然な香りが好きだから未精製を使いますが、香りが苦手な人は精製オイルの方がいいです。

<スポンサードリンク>



今週のおすすめ記事

秋 スキンケア 1

40代になったら、季節ごとにスキンケアも変えていかなくてはいけません。 夏に受けたダメージをそのままにして乾燥する冬に突入すると、一気に肌が老け込んでしまいます。 冬を迎える前に、見た目年齢がプラス1 ...

セラミドリッチクリーム 2

40代に必要な潤いをしっかり閉じ込めて逃さない、実力派クリームをご紹介します。 クリームって、ジェルっぽいものからこってりしたものまで色々ありますが、保湿力も結構違うんですよね。 <スポンサードリンク ...

3

トライアルセットってたくさんあるから迷ってしまう!という方も多いと思いますが、やっぱりお得でいいですよ、トライアルセットって。 今回は、私が実際に使ってみて良かったのでおすすめしたいなと思ったものと、 ...

アテニアドレスリフト 4

これは、1度使って「現品を買おう」と思ったトライアルセットです。 アテニアは初めて使ったのですが、これはすごい。 乾燥小じわ、たるみなど年齢肌の悩みをお持ちの方に是非使ってみて欲しいです。 最近肌の悩 ...

米ぬか美人 5

お米ってすごいです。さっぱりなのにしっかり潤う。 日本酒作りで知られる日本盛が作ったコスメ、「米ぬか美人NS-Kスペシャル」のトライアルセットを試してみました。 日本酒は以前から化粧水を作ったりして美 ...

-オイル美容
-

Copyright© Aroma Beauty for 40's〜アロマビューティー〜 , 2019 All Rights Reserved.