40代のスキンケア 年齢肌のケア

レチノールの効果は?しわやたるみにはどうなの?

更新日:

レチノールとは、ビタミンAのこと。

化粧品に配合されるビタミA誘導体のことを指すこともあります。

レチノールはシミやシワに良いといわれていますが、本当なのでしょうか。

レチノールの効果とは

結論からいってしまうと、しわやたるみに「効果がある」とは認められていない、というのが現状。

化粧品の効果については、こちらを参照してください。
>「化粧品の効能効果の範囲について」

ビタミンA自体は、緑黄色野菜(βカロテン)やレバーなどに含まれていて、

  • 視力の改善
  • 免疫力の向上
  • 皮膚や粘膜を健やかに保つ

という働きがあります。しかし、それは食べた時のこと。

肌に塗る化粧品とはちょっと違いますね。

化粧品はあくまでも「肌を健やかに整える」ためのものなので、

  • 今あるシミが消える
  • シワがなくなる
  • たるみがとれる

などの表現はできないことになっています。

薬じゃないからです。

管理人
じゃあレチノールって何なのよ!ということになりますが・・・

レチノールはトレチノインの前駆体といいまして、体内に吸収されると特定の酵素の働きでトレチノインに変化します。

しかしレチノールはとても不安定な物質で、化粧品にそのまま配合することができない。

そこで、

  • 酢酸レチノール
  • パルミチン酸レチノール
  • ピュアレチノール
  • レチノイン酸トコフェリル

などの安定性を高めた成分が配合されていることが多いのです。

しかし、安定性が高まっているということは肌に塗った時に肌で分解しづらく、効果も実感しにくいということです。

研究はこれから

今のところ、お役所から効果が認められていないからといって、今後もないということではありません。

例えば、資生堂では「表情プロジェクト」でシワの改善技術をどんどん進化させています。

>資生堂公式サイト

2018年の新発見として、独自の研究によりレチノールの首のシワへの効果がわかったとしています。

レチノール入りの化粧品を8週間使うことでシワが改善された、というものです。

レチノール化粧品がどのようにエイジングケアに役立てられるのか、というのは今後の研究に期待!というところですね。

「全く効果がない」と言い切っているブログも見かけますが、実際、これだけの効果が出ているなら、今後は期待できるのではないでしょうか。

実際、2017年2月にはレチノールの効果を厚生労働省が承認、とあります。

日本で唯一、有効成分純粋レチノールを配合した医薬部外品を製造販売できるメーカーとして、資生堂がアンチエイジング(抗老化)の研究を進めた結果、2017年2月に『レチノール』がシワやたるみを改善するという新たな効果が厚生労働省から承認されました。
「『レチノール』のシワ改善効果を厚生労働省が承認」

 

皮膚科のトレチノインとは違う

皮膚科で使われる成分に「トレチノイン」というものがあります。

これもビタミンA誘導体で、ハイドロキノンと組み合わせてシミやニキビ跡の治療に使われます。

じゃあ、同じビタミン誘導体のレチノールだったら、皮膚科並みに効果があるってこと?と思われがちですが、決してそうではありません。

そもそもトレチノインは皮膚への刺激が強いため、意思の処方がなければ使えない成分。だから、化粧品には配合できないのです。

そこで、比較的穏やかなレチノールに目を付けた化粧品メーカーがコスメに配合したわけですが、そもそも化粧品ですから、皮膚科並みの効果は期待できません。

レチノールに副作用はないの?

心配なのは副作用。効果が高いといわれる成分にはつきものです。

レチノールは刺激の強い成分だから、「肌荒れ」が心配されます。

実際、2013年に第一三共ヘルスケアの発売したレチノール化粧品が販売中止になったことがありました。

炎症とか肌荒れが起きてしまったからなんですが、まあここまでひどくなくても、お肌が弱い方は刺激を感じることがあります。

ですから初めて使う時は、

  • 必ずパッチテストをする
  • 2〜3日に1回使う
  • 少量ずつ使う
  • 体調が悪い時は使わない

などに気をつけて下さい。

パッチテストとは、腕や脚の内側など皮膚の柔らかいところに塗って一晩おいて様子を見ることです。

24時間経っても赤みやかゆみなどが出なければ大丈夫です。

レチノールを配合した化粧品

レチノールを配合している化粧品は、まだまだそんなにメジャーじゃないのですけど、いくつかおすすめのものがあります。

化粧品は薬ではありませんので「シワやたるみが消える」とはいえませんが、肌のハリを保つ働きは期待できます。

ビーグレンのQuSomeレチノA

レチノA

  • 価格:6480円
  • 容量:15g

>>QuSomeレチノAをみ見てみる

カプセル化されたレチノールが肌の奥まで届いて、ハリを生み出します。

刺激を抑えるためにビタミンEも配合しているので、年齢肌にピンポイントで働きかけます。

ただ、こちらはトライアルセットの方がお得だと思います。他のアイテムも一度に試せるので。

>>[b.glen]細胞レベルで甦るエイジングケア/トライアルセット

管理人
レチノAはお試しで5gですが、現品の3分の1の量が入ってるんですよ。

それに他のアイテムが4つもついて1800円ですから、断然お得です。

エリクシールリンクルクリーム

エリクシールシュペリエルリンクルクリーム

  • 価格:6264円/8424円
  • 容量:15g/22g

しわの改善については研究が進んでいる資生堂ですから、やはりこのクリームははずせない。

容量が多い方がお得感はありますが、まずは小さい方のサイズで試してみたいですね。

30年にも及ぶ研究の結果、純粋レチノールを安定配合することに成功したというクリーム。

特殊なチューブで開封後も酸素が中に入らないので、最後まで新鮮な状態で使えます。

ラロッシュポゼのアイクリーム

ラロッシュポゼ アイクリーム

  • 価格:3672円
  • 容量:15ml

敏感肌用コスメのラロッシュポゼからアイクリームが出ています。

>>レダミック R アイクリームをみてみる

私はこのアイクリームのテクスチャーが好きで、ゆるすぎず硬すぎずな感じがとても塗りやすい。

もちろん、保湿もしっかりできていると思うし、べたつかないからメイクにも影響しない。

レチノールは刺激が心配でしたが、目元に塗っても全く大丈夫でした。

レチノールは今後に期待

化粧品に配合されているレチノールは肌トラブルを防ぐため、それほど含有量は高くありません。

美容皮膚科などでもらう「薬」ではないので、化粧品くらいですぐにシワがなくなるかって言ったら、正直それはないと思います。

ただ、シワやたるみへの効果が期待できる成分ですから、今後の研究に期待!といったところです。

時間はかかってもいいから、化粧品でシワやたるみが改善できたら嬉しいですね。

<スポンサードリンク>







今週のおすすめ記事

ナチュラルオーケストラ 1

気になる小鼻の黒ずみ、ブツブツ。ケアするならホホバオイルを使ってみませんか。 というのも、私がホホバオイルを使ってみて、小鼻の黒ずみが気にならなくなったからです。 いつもの洗顔の前にホホバオイルをプラ ...

ハトムギ化粧水 2

私は乾燥肌なので、化粧水はしっとりタイプ、保湿タイプを使っていることが多いですが、流石に夏になると冬と同じ化粧水では重く感じることがあります。 夏でも使いやすい、さっぱりしているけど保湿はちゃんとでき ...

アテニアクレンジング 3

肌のくすみをなんとかしたいと思ったら、クレンジングから見直します。 ただメイクを落とすだけじゃない、くすみの原因となる「肌ステイン」まで落としてくれる、クレンジングオイルです。 肌のくすみが気になる ...

アルガンオイル ニキビ 4

ニキビがある時はオイルを使わないほうがいいと言われますが、実際どうなんでしょうか。 それは、ニキビの状態にもよるし、肌の状態にもよるので、一概には言えないです。 皮脂が出まくる10代の思春期ニキビだっ ...

5

トライアルセットってたくさんあるから迷ってしまう!という方も多いと思いますが、やっぱりお得でいいですよ、トライアルセットって。 今回は、私が実際に使ってみて良かったのでおすすめしたいなと思ったものと、 ...

-40代のスキンケア, 年齢肌のケア
-, ,

Copyright© Aroma Beauty for 40's〜アロマビューティー〜 , 2019 All Rights Reserved.