40代におすすめの食材 40代のスキンケア 40代のライフスタイル 40代の健康

お金をかけずにキレイになろう!私たちの肌は食べたもので出来ている

2017/03/25

オレンジジュース、ビタミンC

高級な美容液やクリームを使えばキレイになるか?
答えはNOだと思います。

肌はターンオーバーを繰り返し、日々生まれ変わっていきます。
このターンオーバーが、20代ならおよそ28日周期。1ヶ月もあれば新しい肌が出来るわけですが、40代ともなるとこの周期はどんどん伸びていき、ひどい人だと2倍くらいになっています。

これではどんなに高級な化粧品を使ったって、効果は出ないんです。

表示されている化粧品の効果が出るためには、「肌が健康なこと」。これが大前提!

もし今肌が荒れているなら、まずはその肌荒れ、乾燥、ニキビなどを徹底的に改善し、それから美容液などを使わないと、しっかり浸透していかないんですよ。

だから、まずは化粧品にお金をかけるのではなくて、食生活の見直し!これが大事です。

<スポンサードリンク>



◆お金をかけなくてもキレイになれる

お肌にいい食べ物はたくさんありますよね。
ビタミンCなら果物や野菜、ビタミンEならナッツ類やオリーブオイルなど。

どれも特別な食べ物ではないですよね。

大事なのは続けること。テレビで紹介されたときだけ食べてもダメなんです。

そして、自分の身体にあったものを見つけること。●●がいいとテレビでやっていても、自分の身体や肌に合うかどうかは試してみないとわかりません。

ひとつひとつ試しながら、肌の調子が良くなる食べ物はどれか?ということを、自分の身体に聞いてみてほしいです。

食べるもので肌は変わる

私は長女を出産するまで仕事が本当に忙しかったんです。平日は家で食事をすることはまずありませんでした。

  • 朝:食べない
  • 昼:コンビニで書くか、上司につき合って中華やうなぎなどこってりしたもの
  • 夜:仕事の合間に外食しにいく

こんな感じでした。たまに仕事が早く終わって、今日は家でゆっくりしたいなと思っても、上司から「飯いくぞ〜」と言われたら、断る権利などないので、おつきあいです。だいたい2時くらいまで、お店が閉まるまでいたりするので、結局家に帰るのは3時頃。

夜中に焼き肉食べることもあったし・・・そんな食生活で「美肌」が作れるはずがありません。

結婚式の時は、ニキビの中に顔があるような状態で、ホントにどうしようかと思いましたが、メイクさんてすごいですね。ニキビなんて全く分からない状態に仕上げてもらいました。

ニキビはすごいくせに、肌は乾燥しているもんだから、もう皮がポロポロむけてくるんです。夏でもファンデーションは粉を吹くし、化粧直しでファンデを塗るとよれるから、脂を取るしかできませんでした。

「私は乾燥肌で肌が弱いから」ってその頃はあきらめていたんですが、そうではなかったんですよ。今は分かります。

妊娠して、食生活に気を使うようになったこと、規則正しい生活になったことで、肌が劇的に変わっていきます。それまで高価な化粧品を使っても全く改善されなかった肌荒れが、しっかり食べて寝ることだけでこんなにキレイになるんだ、と自分でも驚きました。

妊婦の食事は参考になる

ダイエットしたい人、肌をキレイにしたい人は、妊婦さんの食生活が大いに参考になると思います。

昔と違って、「2人分食べる」ようなことはしないですし、太らないようにカロリーオフをしながらも栄養はしっかり取れるようにしていかなくてはいけないので、まさに「健康的なダイエット食」なんですよ。

食生活を変えれば肌は変わる

妊娠、出産を経て、今はニキビなんてまったく出来なくなりました。年齢的な乾燥だとかしわだとかの悩みはもちろんありますけど、それでも20代の頃よりずっと肌の調子がいいと思います。

昔は丼物とかラーメン、パスタといった炭水化物中心の食生活。夜中に食べるお菓子。これで肌がキレイになるはずがありません。

でも今は、炭水化物は控えめに(それほど制限はしていません)、たんぱく質と野菜中心に食べる。量もそんなに加減はしていませんが、食べる順番には気をつけています。歯ごたえのあるものから食べると、自然と食べる量は抑えられます。

食生活を変えただけで、肌は劇的に生まれ変わりました。妊娠中に、自分と赤ちゃんのために何を食べたらいいんだろう、とたくさん勉強して、栄養のこともたくさん調べました。それが今の食生活にも役立っていますが、食べるもので肌は変わるんだということを本当に実感しています。

肌をキレイにしたければ食生活の見直しは必須

若い人の方が効果は出やすいと思いますが、40代以降でも食生活が大切なことに変わりはありません。

ダイエットはもちろん、肌の衰えを少しでも緩やかにするためには、テレビで紹介されたものだけを食べるんじゃなくて、「自分の肌が必要としているもの」を摂ることが必要だと思います。

私は最近たるみが気になるので、肌の弾力を回復させるものとして、質の良いたんぱく質は必ず摂ろうと思っています。脂身の少ない肉、それから魚。豆腐など大豆製品もよく摂ります。

それから発酵食品。朝、夫のお弁当用に味噌汁を作る時、多めに作って昼はそれを食べるようにしています。納豆やキムチも好きですし、お腹の調子を整えることも意識しています。

腸活って言葉があまり好きではないのですが(○活とか名称を付けられると流行りに乗せられているようでとてもいや)、腸内環境を整えることがお肌にとってとても大切だといういことはわかっているので、薬やサプリメントに頼ることなく便秘を解消しようと思っています。

実際、だいぶよくなりましたよ。20代の頃は、ひどいと1週間に1度しかお通じがなかったんです。3〜4日なんて当たり前です。今では3日も出ないと苦しいと思うようになりました。

毎日出る人に比べたら少ないかもしれないけれど、サプリメントに頼らなければどうにもならなかったかつての私に比べれば、食べ物だけでこれだけ出るようになったんだからすごい、と思っています。

ビタミンC、Eもがんばって摂るようにしていますよ。コラーゲンがどんどん減っていく年齢です。

特にビタミンCは肌の弾力維持には欠かせませんからね。
「コラーゲンを増やすにはビタミンC!40代のお肌にビタミンCが必要な理由」

私たちの肌は食べたもので出来ています。肌の悩みがある人は、化粧品を変えるのもいいですが、やっぱり食べるものってすごく大事ですよ。

401代は特に、内側からも整えていかないと、もう外側からのケアだけでは肌を変えることは難しいと思います。

-40代におすすめの食材, 40代のスキンケア, 40代のライフスタイル, 40代の健康
-