40代のスキンケア

正しい洗顔・基本のやり方をマスターしてシミやシワを防ぐ!

2017/07/14

洗顔 やり方
毎日の洗顔はどのようにしていますか?私は正しく洗えてる!といえる人は素晴らしい。え、洗顔にやり方なんてあるの?と思った方は、正しいやり方をマスターしましょう。

洗い方が間違っていることが、シミやシワの原因になっているのかもしれませんよ!

洗顔一つで肌は変わるんです。石けんで洗っていても、正しい洗顔の手順で洗っていれば肌はキレイになります。

逆に、どんなに高級な洗顔料などを使ったところで、正しい洗い方が出来ていなければ効果は半減。洗顔料の無駄遣いです。肌はキレイになりませんよ。

ちょっとひと手間ですが、その手間が明日のキレイを作るんです。

<スポンサードリンク>



正しい洗顔・基本のやり方

洗顔 やり方 石けん

  1. まず手をしっかり洗います。
  2. 顔も軽くぬるま湯で湿らせます。
  3. それから洗顔料(または石けん)を泡立てます。手で泡立てられなければネットなどを使いましょう。
  4. 両手でおにぎりを握った時くらいの泡の大きさになるまで泡立ててください。
  5. 泡をTゾーンとあごに先につけます。軽く泡を転がすようにして洗います。
  6. それから頬に泡をつけて、同様に優しく洗います。
  7. 最後にすすぎますが、ここは丁寧に。ゴシゴシこすらず、ぬるま湯を優しく当てるようにして泡を落としてください。
  8. タオルで拭く時にもこすらずに。水分を吸い取らせるようにして優しく拭いてください。

これが正しい洗顔の方法です。ポイントは

  • 泡をたっぷり立てること
  • 手が皮膚に触れないくらいの厚みの泡を顔に乗せること
  • すすぎは優しく丁寧に
    です。

泡を乗せている時間は30秒〜1分くらいで十分です。長く泡を乗せているとその分皮脂が取れてしまいます。

とにかく優しく、肌に刺激を与えないこと、これが大事なんです。

そんなにゴシゴシこすらなくても、泡の力で汚れは落とせます。こすればそれが肌への刺激となり、乾燥やシミ、しわの原因になるんです。

いくらシミ予防に毎日日焼け止めを塗っていても、洗顔の時に肌をこすっていたら意味がありません。こすられた刺激によってメラニン色素が出てくることもあるからです。

もう一度言いますが、とにかく優しく、肌に刺激を与えないこと。これが洗顔の基本です。

洗顔は毎日しなくていい?

寝ている間も汗はかきますし、皮脂も出ますので、肌を清潔に保つためにも洗顔はした方がいいですが、石けんなどは使わなくてもいい場合があります。

私は乾燥肌なので、朝はぬるま湯洗顔だけです。夏のべたつく時期だけ石けんを使ったり、朝クレンジングをしてぬるま湯洗顔をするか、のどちらかです。

大事なのは自分の肌の状態を知ることでしょう。

朝石けんを使った方が調子が良くなるか、ぬるま湯だけでも大丈夫か、色々試してみて肌の調子を見てその都度、洗い方を変えていくのがいいと思います。

<スポンサードリンク>



-40代のスキンケア
-, , ,