アンチエイジング

シミと肝斑の違い。肝斑はレーザー治療できない?

シミ そばかす 肝斑

40代になって急にシミが増えだした・・・そのシミはもしかしたら「肝斑(かんぱん)」かもしれません。

肝斑は普通のシミとはちょっと原因が違います。ということは対処法も違います。肝斑なのか普通のシミなのか、それを見極めることが大切です。

<スポンサードリンク>



肝斑は普通のシミと違う?肝斑チェック

まず、今あるシミが肝斑かどうかチェックしてみましょう。

  • 30代の後半くらいから急にシミが出来た。
  • シミが頬の上当たり、左右対称に出来ている
  • 美白対策をしているのに効果が出ない
  • ポツポツとではなく広範囲に出来ている
  • 妊娠したことがある

普通のシミと肝斑は、見た目が違います。ポイントは「左右対称」かどうかです。

普通のシミと肝斑の違い

シミと肝斑、どう違うのでしょうか。その原因から見てみましょう。

肝斑が出来る原因

肝斑は女性にしか出来ないシミ。そして、閉経後の女性にはほとんど見られないシミです。はっきりとした原因はよく分からないものの、女性ホルモンが関わっているといわれているから。

  • 妊娠、出産
  • 経口避妊薬(ピル)の服用

など、ホルモンバランスの乱れが原因で急に肝斑が出来ることがあるんです。

つまり、紫外線に気をつけていてもメラニン色素が出来る可能性がある、ということです。しかもそのシミは紫外線を浴びれば悪化する!という、結構厄介なシミなんです。

年代でいうと、30〜40代の女性に多いといわれていますね。その代わりといっては何ですが、高齢になってから発症することはあまりないそうです。

ポツポツと点在しているのではなくて、左右対称に頬骨に沿ってシミが出来ていたらそれは肝斑かもしれません。

シミが出来る原因

シミというのはいわゆる「老人性色素斑」のこと。

これは長年浴びてきた紫外線がメラニン色素を作り、それが「シミ」となって出てきたもので、年齢を重ねるほどに増えていきます。

最初は薄茶色だったシミが、放置しておくと濃くなってきます。頬骨の高い位置など、日光が当たりやすいところに多くできる傾向があります。

でも、このシミが出来るのは顔だけじゃありません。紫外線を浴びるところならどこでも出来ますから、背中とかデコルテ、手の甲なんかにも出来ますね。

顔は化粧で何とかごまかすことが出来ますが、他のところは隠しにくい!増えると老けてみられがちになるのでイヤなものです。

肝斑はどうやって治療したらいいの?

しみ そばかす 肝斑

肝斑は普通のシミとはちょっと治療法が違います。間違った自己流の治療をしてしまうと悪化することもあるので気をつけて!

基本は飲み薬

肝斑の治療は、普通のシミのようにレーザーは使えません。基本的にはトラネキサム酸などの飲み薬を服用します。

市販品でも治療は可能だといわれています。ちなみに、こちらの飲み薬。

とはいえ、他のシミと重なっている場合も

しかし厄介なのは、今あるシミが肝斑だけじゃなくて、老人性色素斑もあるかもしれない、ということ。2つ以上のシミが重なっていることだってもちろんあります。

肝斑はレーザー治療で悪化するといわれているので、飲み薬での治療が基本ですが、それでも良くならない場合は老人性色素斑が重なっているのかもしれません。

そうなるとシミの解消にも時間がかかってきます。根気よく取り組んでいくしかありません。

シミの種類についてはこちらで詳しく説明しています。他のシミかも、と思ったら読んでみてください。


紫外線やストレスにも気をつけて!

ただし、紫外線やストレスによっても悪化するといわれています。だから、普通のシミのケアと同じように、日焼け止めをしっかり塗って紫外線をカットするのは当然のこと。

また、ストレスがたまると活性酸素が体内に増えて、それが元でシミが増えたりしますから、その日のストレスはその日のうちに解消しておくことが大事ですよ!

治療には数ヶ月かかるので根気よく取り組んで

肝斑の治療は時間がかかります。とはいえ、他のシミもそうですが。肌のターンオーバーは年齢とともに乱れてきますから、30代よりも40代の方が時間がかかるでしょう。

でも、根気よく取り組んでいきましょう。1ヶ月くらいではたぶん効果が実感できないかもしれません。少なくとも2〜3ヶ月は取り組むつもりで、じっくり治していきましょう。

シミのない、美し肌を目指して!

<スポンサードリンク>



-アンチエイジング
-,